日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 「年々派手になっています」、86歳“オシャレ”エージシューター
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

「年々派手になっています」、86歳“オシャレ”エージシューター

第1回…「人間は色気がなくなったらおしまいです」【和田孝弌さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

試合会場に粋なテンガロンハット姿でさっそうと現れた

 ゴルフはいくつになってもオシャレを楽しめるスポーツだ。シニアゴルファーが赤や黄色のウエアを身にまとっているのが、コースではすごくサマになる。真っ青な空と緑のじゅうたんが広がる大きな舞台装置で楽しむ遊びゆえに、カラフルなウエアがプレーヤーを若返らせてくれるのだろう。3年前に山梨県のゴルフ場において、筆者が発案して事務局長を務めたエージシュート大会を開催したとき、粋なテンガロンハットとオシャレなデザイナーズパンツ姿で颯爽(さっそう)と現れたシニアゴルファーがいた。今回、ご登場いただく和田孝弌(わだこういち)さん(86歳)である。

 和田さんがファッションにこだわるのには、彼ならではの理由がある。

 「人間は色気がなくなったらおしまいです。人間としての内面的なゆとりが色気や艶っぽさにつながり、それがファッションになって現れると思っているんですね。だから私のウエアは歳を取るにつれてどんどん派手になっていく。このズボンも買って帰ったら、家内が『それ、女ものじゃないの?』といったんですよ」(和田さん)

86歳とは思えない華麗なスイングに加えて、アクティブ感をアップさせるような白地にシャレた柄模様のデザイナーズパンツにもご注目を!
[画像のクリックで拡大表示]

 豪快に笑う和田さんのインタビューを進めていくうちに、エージシュートにかける思いに加えて、彼ならではのゴルフや健康に対する考え、さらには美意識といった「人間として生き方」のような世界観に筆者は引き込まれていった。

故・中村寅吉プロとの出会い、「お前、何をやってるんだ?」

 和田さんは、長野県佐久市で銅合金や軽合金などの素材を鋳造から精密機械加工・組立、さらには試作、量産までの一貫製造会社を営む。現在86歳、今も現役バリバリの経営者である。

 ゴルフを始めたのは1956年、32歳のときだった。ちょうどその前年の1955年、東京都が世田谷区の砧緑地(現在の砧公園)に都営の「砧ゴルフ場」をオープンさせた。そこが若き日の和田さんのホームグラウンドとなったのである。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.