日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 55歳の決意、次の目標は「47都道府県ゴルフ場制覇」  > 2ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

55歳の決意、次の目標は「47都道府県ゴルフ場制覇」

第4回…「毎日累計1トンの負荷をダンベルでかけてます」【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

「残った28府県を訪れ、全国のゴルフ場を制覇しよう」

 エージショートを目指すゴルファーたちには、ラウンドした日付、コース、その特徴、同伴競技者名、スコア、その日の調子や気づいたことなどを細かく記録して残す “メモ魔”の性癖があるが、菅さんも例外ではなかった。35歳のときからラウンドしたコースをすべて記録に取り、コースオリジナルのボールマークも収集していた。

「あるとき、ボールマークを整理して日本地図の上に都道府県別に貼り付けていたら、それまでに19都道府県でラウンドしていることが分かったのです。仕事で出張するたびにラウンドしていたら、いつの間にかそれだけの数になっていた。それならば残った28府県のゴルフ場を訪れ、全国47都道府県のゴルフ場を制覇してやろうじゃないかと思い立ったのです」(菅さん)

47都道府県で回ったゴルフ場のボールマークで作った日本地図。今も年間20コースのペースで新しいコースが増えている。
[画像のクリックで拡大表示]

 新たな目標を掲げて以来、足掛け18年。ついに達成の日がやってきた。

 2011年4月8日、菅さんが74歳の誕生日を迎えた6日後に47都道府県でのラウンドを達成。実に629コース目での制覇だった。それを記念して、菅さんは『47の足跡』という自作の記念冊子を作った。その1ページ目に「丈夫のゴルフ史」というタイトルをつけ、次のような文章を寄せている。


「35歳にしてゴルフに目覚め、酒、タバコを止めて1年間365日雨の日も、風の日も、平日は会社の帰りに3時間、土日祝日は終日練習をし、シングルプレーヤーの仲間入りができました。それから42年間多くの方々の協力を得、日本全国47都道府県のゴルフ場、629コースの芝に足跡を残させていただきました。

 都道府県制覇目標ツアー46番目のプレーコース奈良県、法隆寺CC、奈良万葉CCには、三瓶、山下、石塚様方のご同行をお願いし 最終47番目のコース京都府は市内が一望できる京都国際カンツリークラブへは細山田ご夫妻、小土橋ご夫妻にご同行をお願いし、40年間74歳にして念願の47都道府県制覇の夢を達成することができました(中略)。

 大勢のご同行下さった方々、プレーさせていただいたゴルフ場と、一番協力してくれた家内(千恵子)にはと特に感謝しております・・・頭が上がりません」(菅丈夫著『47の足跡』より原文ママ)

「3K」+「目標」が肉体と精神の両面を支える

47都道府県のゴルフ場を制覇した記念に作った自作の冊子『JOHBU・SUGAのゴルフ史 47の足跡』。お薦めのコース、想い出のコースなどのほか、各年での平均スコアが収載されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 この連載でも何度か触れてきたが、エージシュートを果たした人、これから目指そうとしている人には、共通するあるキーワードがある。まず「3K」が旺盛なこと。好奇心、向上心、行動力。この3Kの旺盛さは、前2回に渡ってご紹介してきた菅さんの練習法をはじめ、それを継続してきた前向きさをお読み頂ければ理解できるだろう。

 次に、エージシューターたちは「目標作り」が上手い。菅さんが掲げた47都道府県のゴルフ場制覇は、誰もが思いつきそうだが、実行に移す人はなかなかいない。前述したように“メモ魔”でもあることによって、自分の足跡を振り返ることができ、そこから新たな目標を思いつく。すると好奇心や向上心が旺盛だから、またすぐに行動に移す…という好循環が生まれていく。

 しかし、忘れてならないのは、こうした新たな目標設定が、年々衰える体力や気力の維持向上の原動力になることだ。

 菅さんをはじめとするシニアゴルファーたちが生き生きとしているのは、新たな目標設定によって肉体面と精神面の健康を高めているからに違いない。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.