日経グッデイ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労

第3回…80歳までモチベーションと体力をどう保つか【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

最高ハンデ2、クラチャン6回でもエージシュートは2回のみ

 40歳代にして最高ハンデが2(現在のハンデは11.2)までになった菅丈夫さん(77歳)だが、実はこれまでにエージシュートを達成した回数は2回である。

 初めてエージシュートを達成したのは2012年6月16日のこと。74歳のときにハーモニーヒルズGC(栃木県・6179ヤード)においてIN35・OUT38のスコア73だった。2回目は今年2月22日にザ・ロイヤルオーシャン(茨城県・6300ヤード)で、IN39・OUT37の76で回り達成している。

前回の記事(「1年でシングルプレーヤーになれる練習と心得」)でもご紹介したように、スイングではインパクトの瞬間に「右ひざをスッと寄せる」をしっかり守っている菅さん。エージシューターはフィニッシュも若々しい。
[画像のクリックで拡大表示]

 シングルプレーヤーになることはもとより、エージシュートを達成することは全ゴルファーの憧れでもある。1回でも達成すれば、『持って瞑すべし』といっていい。しかし、ハンデ2まで上り詰め、かつ所属しているコースでシニアチャンピオンを通算6回も取っている菅さんの腕前を思えば、エージシュート2回とはやや物足りない気がする。

 その理由について菅さん自身の分析は後に綴るとして、実はエージシュートを達成している人を見ていると、若い頃にトップアマとして君臨していたゴルファーは意外に少ないのだ。

 私はこれまで、ゴルフライターとしてゴルフ専門誌に寄稿する傍ら、全国のエージシューターを集めた「エージシュートゴルフ大会」を、九州で過去に4回開催しているが、そこに参加したエージシューターたちに話を聞くと、ほぼ7~8割の人が「本格的にゴルフを始めたのは定年後」だと答えている。この連載で過去に登場した3人のエージシューターを見ても、いずれも定年後にゴルフを本格的に始めた人たちだった。それは偶然でもなければ、無論、恣意的に選んでリストアップをしたからでもない。

トップアマアがエージシュートを達成できない3つのわけ

 このように、エージシュートを達成した者の多くに、若い頃からバリバリのトップアマだった人たちが少ないのはなぜだろうか?

 以下は、これまでに多くのエージシューターを取材してきた私の個人的な考えでは、トップアマまで上り詰めたゴルファーにはトップアマアなりの悩みがあるようだ。

 そうした悩みを列挙すると、次の3つ絞られる。

  • 1.エージシュートに挑戦する70代を過ぎるまでに「燃え尽き症候群」になってしまっている
  • 2.トップアマには「飛ばし屋」が多いが、年齢とともに飛距離が落ち、そのショックがアベレージゴルファー以上に大きい
  • 3.ひじや手首や腰などに故障を抱えているプレーヤーが多く、加齢とともに悪化してプレーに耐えられなくなる

 40代のころからクラブチャンピオンになったり、関東アマなどに出場したりする人たちは、ある意味でプロ以上に練習している。もともと260ヤードを超えるような飛ばし屋たちが200ヤードしか飛ばなくなれば、どうしてもモチベーションは下がってしまうもの。先に挙げた1~3を総合すると、しのぎを削り合いながら腕を上げていくトップアマたちは、上達に欠かせない体力や筋力の衰えとともに、かつてのアスリート並みのパフォーマンスが維持できずに、現時点とのギャップに嫌気がさしてクラブを置く…。トップアマアだった人が、なかなかエージシュートを達成できずに苦労している理由は、どうやらそんなところにありそうだ。

エージシュートはゴルフの神様がくれた最後の贈り物

 しかし、定年後からゴルフを本格的に取り組み始めたエージシューターたちは、その時点で「飛ばないこと」が前提であるために、飛距離のあるなしが必ずしも悲観材料にはならない。言い換えれば、エージシュートは若い頃のゴルフ経験に関係なく、歳をとってから横一線の「よーいドン」でスタートできる。まさしく“ゴルフの神様”がシニアゴルファーのために残しておいてくれた贈り物だと言ってよいかもしれない。

ホームコースの会報にシニア選手権で優勝した手記を綴った。
[画像のクリックで拡大表示]

 今現在、仕事に追われてゴルフが満足にできずにいる現役のサラリーマン諸氏は、焦る必要はない。若かりし頃にシングルプレーヤーで鳴らした後の悩みを知っていればこそ、自分の衰えを踏まえたうえでのゴルフスタイルを早く作り、長く健康であり続けていくことこそがエージシューターへの近道となろう。

 では実際、菅さん自身は現時点で2回というエージシュート達成の現実をどのように見ているのだろう?

 「まぁ、正直言ってもう少しは多く達成できるだろうと思っていました。でも現実には2回しかできていない。原因は、最初のエージシュートを達成した後、次もまたできそうだとラウンドの途中で変に意識するようになったためです。特に前半のハーフで30台が出ると『後半はいくつで回ればいい』と、無意識のうちにスコアを計算するようになった。結果、体の変なところに力が入って、寄せやパットのショートゲームが思うようにいかなくなる。とりわけパットの打ち損ないが多いんです。あと1打、2打オーバーするスコアがすごく多い。ショットはまったく問題がないのに、パットが届かなくてスコアをまとめきれないでいるのです」(菅さん)

 この心理、上がり2ホールをパーとボギーならば…と“タラレバ”を計算した途端に大崩れするアベレージゴルファーと同じではないか。ハンデ2を誇ったトップアマの菅さんでもこうなのだから、ゴルファーはみな同じことをやっているということか。

「ショートゲームを磨くように切り替えました」

 現在、菅さんのドライバーの飛距離は220~230ヤード。全盛期の280ヤード前後に比べると50ヤード以上は落ちたが、そのことについてはもう達観しているそうだ。 

 「飛距離が落ちたのは65歳を過ぎたころと、70歳代に入った直後でした。1年ごとに4~5ヤードずつ飛ばなくなった。最初の頃は愕然としたけれども、飛ばなくなったのは仲間も一緒ですし、仲間と比べるとまだ私のほうが飛んでいるから、それで自分に折り合いをつけて、ショートゲームを磨くように切り替えました」(菅さん)

 とはいえドライバーをかっ飛ばして全ホール、パーオン(規定の打数よりも2打少なくグリーンにボールが乗ること)が当たり前だった菅さんにしてみれば、3打目のアプローチが残ること自体、戸惑うこともあったに違いない。以前、この連載に登場してもらった91歳のエージシューター植杉乾蔵さん(関連記事:「 エージシュート1300回、“球磨の怪物”は91歳!」)の言葉を借りれば、「若い頃はほとんどパーオンしていたから、私自身も寄せのアプローチが下手なんですよ」ということなのだろう。

試行錯誤の末にパットは逆グリップで打つようにした。菅さんをはじめとするエージシューターは常に創意工夫を忘れない。
[画像のクリックで拡大表示]

 もし菅さんが同じ思いを抱いているとしたら、これもまたトップアマだった人ならではの悲劇(?)ということになるのかもしれない。

エージシュートがでやすい80歳過ぎまでどう続けていくか

 だが、菅さんの名誉のために付け加えておくと、多くのエージシューターを見ていると、70歳代のときにエージシュートを頻繁に達成しているわけではない。特に70代前半ともなれば、ほぼパーで上がる必要がある。仮に75歳だったとしたら、3オーバーしか許されないのだ。加齢とともにドライバーの飛距離は落ちてパーオンの確率は低くなり、それをアプローチでカバーしながらパーを重ねていくわけだが、毎ホール、寄せワン(ピンにボールをできるだけ寄せてワンパットで決めること)ができるはずもなく、ときにはボギーになる。70歳代のエージシューターが少ない理由はこうしたことによる。

 一方、70台でラウンドできる力量を維持していければ、80歳を過ぎて自ずとエージシュートは達成できるようになっていく。大切なことは、80歳になるまでゴルフに対するモチベーションを下げず、いかに体力を維持し続けることができるかだ。

 菅さんの素晴らしさは、エージシュートの達成はもちろんだが、シングルプレーヤーの次なる目標を設定したことにあった。それは一体どんな目標だったのか? 次回、菅さんが掲げた壮大な計画について紹介しよう。



*)次回(9月17日公開)は、『55歳で思い立ち、掲げた目標は「47都道府県ゴルフ場制覇」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

日経グッデイ春割キャンペーン