日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労  > 3ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労

第3回…80歳までモチベーションと体力をどう保つか【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

「ショートゲームを磨くように切り替えました」

 現在、菅さんのドライバーの飛距離は220~230ヤード。全盛期の280ヤード前後に比べると50ヤード以上は落ちたが、そのことについてはもう達観しているそうだ。 

 「飛距離が落ちたのは65歳を過ぎたころと、70歳代に入った直後でした。1年ごとに4~5ヤードずつ飛ばなくなった。最初の頃は愕然としたけれども、飛ばなくなったのは仲間も一緒ですし、仲間と比べるとまだ私のほうが飛んでいるから、それで自分に折り合いをつけて、ショートゲームを磨くように切り替えました」(菅さん)

 とはいえドライバーをかっ飛ばして全ホール、パーオン(規定の打数よりも2打少なくグリーンにボールが乗ること)が当たり前だった菅さんにしてみれば、3打目のアプローチが残ること自体、戸惑うこともあったに違いない。以前、この連載に登場してもらった91歳のエージシューター植杉乾蔵さん(関連記事:「 エージシュート1300回、“球磨の怪物”は91歳!」)の言葉を借りれば、「若い頃はほとんどパーオンしていたから、私自身も寄せのアプローチが下手なんですよ」ということなのだろう。

試行錯誤の末にパットは逆グリップで打つようにした。菅さんをはじめとするエージシューターは常に創意工夫を忘れない。
[画像のクリックで拡大表示]

 もし菅さんが同じ思いを抱いているとしたら、これもまたトップアマだった人ならではの悲劇(?)ということになるのかもしれない。

エージシュートがでやすい80歳過ぎまでどう続けていくか

 だが、菅さんの名誉のために付け加えておくと、多くのエージシューターを見ていると、70歳代のときにエージシュートを頻繁に達成しているわけではない。特に70代前半ともなれば、ほぼパーで上がる必要がある。仮に75歳だったとしたら、3オーバーしか許されないのだ。加齢とともにドライバーの飛距離は落ちてパーオンの確率は低くなり、それをアプローチでカバーしながらパーを重ねていくわけだが、毎ホール、寄せワン(ピンにボールをできるだけ寄せてワンパットで決めること)ができるはずもなく、ときにはボギーになる。70歳代のエージシューターが少ない理由はこうしたことによる。

 一方、70台でラウンドできる力量を維持していければ、80歳を過ぎて自ずとエージシュートは達成できるようになっていく。大切なことは、80歳になるまでゴルフに対するモチベーションを下げず、いかに体力を維持し続けることができるかだ。

 菅さんの素晴らしさは、エージシュートの達成はもちろんだが、シングルプレーヤーの次なる目標を設定したことにあった。それは一体どんな目標だったのか? 次回、菅さんが掲げた壮大な計画について紹介しよう。



*)次回(9月17日公開)は、『55歳で思い立ち、掲げた目標は「47都道府県ゴルフ場制覇」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.