日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労  > 2ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労

第3回…80歳までモチベーションと体力をどう保つか【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

トップアマアがエージシュートを達成できない3つのわけ

 このように、エージシュートを達成した者の多くに、若い頃からバリバリのトップアマだった人たちが少ないのはなぜだろうか?

 以下は、これまでに多くのエージシューターを取材してきた私の個人的な考えでは、トップアマまで上り詰めたゴルファーにはトップアマアなりの悩みがあるようだ。

 そうした悩みを列挙すると、次の3つ絞られる。

  • 1.エージシュートに挑戦する70代を過ぎるまでに「燃え尽き症候群」になってしまっている
  • 2.トップアマには「飛ばし屋」が多いが、年齢とともに飛距離が落ち、そのショックがアベレージゴルファー以上に大きい
  • 3.ひじや手首や腰などに故障を抱えているプレーヤーが多く、加齢とともに悪化してプレーに耐えられなくなる

 40代のころからクラブチャンピオンになったり、関東アマなどに出場したりする人たちは、ある意味でプロ以上に練習している。もともと260ヤードを超えるような飛ばし屋たちが200ヤードしか飛ばなくなれば、どうしてもモチベーションは下がってしまうもの。先に挙げた1~3を総合すると、しのぎを削り合いながら腕を上げていくトップアマたちは、上達に欠かせない体力や筋力の衰えとともに、かつてのアスリート並みのパフォーマンスが維持できずに、現時点とのギャップに嫌気がさしてクラブを置く…。トップアマアだった人が、なかなかエージシュートを達成できずに苦労している理由は、どうやらそんなところにありそうだ。

エージシュートはゴルフの神様がくれた最後の贈り物

 しかし、定年後からゴルフを本格的に取り組み始めたエージシューターたちは、その時点で「飛ばないこと」が前提であるために、飛距離のあるなしが必ずしも悲観材料にはならない。言い換えれば、エージシュートは若い頃のゴルフ経験に関係なく、歳をとってから横一線の「よーいドン」でスタートできる。まさしく“ゴルフの神様”がシニアゴルファーのために残しておいてくれた贈り物だと言ってよいかもしれない。

ホームコースの会報にシニア選手権で優勝した手記を綴った。
[画像のクリックで拡大表示]

 今現在、仕事に追われてゴルフが満足にできずにいる現役のサラリーマン諸氏は、焦る必要はない。若かりし頃にシングルプレーヤーで鳴らした後の悩みを知っていればこそ、自分の衰えを踏まえたうえでのゴルフスタイルを早く作り、長く健康であり続けていくことこそがエージシューターへの近道となろう。

 では実際、菅さん自身は現時点で2回というエージシュート達成の現実をどのように見ているのだろう?

 「まぁ、正直言ってもう少しは多く達成できるだろうと思っていました。でも現実には2回しかできていない。原因は、最初のエージシュートを達成した後、次もまたできそうだとラウンドの途中で変に意識するようになったためです。特に前半のハーフで30台が出ると『後半はいくつで回ればいい』と、無意識のうちにスコアを計算するようになった。結果、体の変なところに力が入って、寄せやパットのショートゲームが思うようにいかなくなる。とりわけパットの打ち損ないが多いんです。あと1打、2打オーバーするスコアがすごく多い。ショットはまったく問題がないのに、パットが届かなくてスコアをまとめきれないでいるのです」(菅さん)

 この心理、上がり2ホールをパーとボギーならば…と“タラレバ”を計算した途端に大崩れするアベレージゴルファーと同じではないか。ハンデ2を誇ったトップアマの菅さんでもこうなのだから、ゴルファーはみな同じことをやっているということか。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.