日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 1年でシングルプレーヤーになれる練習と心得  > 4ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

1年でシングルプレーヤーになれる練習と心得

第2回…上達する人は即実行、高校球児の頃に学んだ体験【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 菅さんのスイングを見ると、コンパクトなトップから真っすぐなボールが飛び出す。ドライバーの飛距離はかつてパーシモン(*1)で280~290ヤード出ていたというが、77歳になった今も220~230ヤードは確実に飛んでいる。高校球児だった頃に野球で培った球を飛ばす技術を備えていたとはいえ、遠藤プロのスイング理論が菅さんに合っていたことは間違いない。

(*1)ドライバーやフェアウェイウッドなどのヘッドとして使われていた柿の木を使ったウッドクラブのこと。現在はメタル、カーボン、チタンなどの金属製素材が主流となったため、一部の愛好家を除いて、使われることはほぼなくなっている。

特製「傾斜台」を使って4方向の傾斜ショットを練習

 遠藤プロによる独自の指導法は、ほかにもあった。

 2m四方の厚板に人工マットを敷き、高さが20㎝ほどになる下駄を厚板の一辺の下に取り付けた傾斜台を作り、その上からボールを打つ練習を繰り返した。下駄がついた一遍を体の正面側に置けば「つま先上がり」、背面側ならば「つま先下がり」のライから打てるというもの。さらに体の左側に置けば「左足上がり」、右側ならば「左足上がり」になる。練習場で4方向の斜面ショットの練習ができるようにしたのだった。

 「この板の上から練習していたお陰で、アップダウンのあるコースに行っても戸惑わずに対応できました」(菅さん)

上達する人は、やると決めたら即、実行に移す

 練習は集中してやるほうが上達は速い。たしかにその通りではあろうが、現役のサラリーマンではなかなか実践しづらいもの。平日夜7時に決まって練習場に行くこと自体、おいそれとはできそうにない。1年続ければ確実にシングルになれるとしても、それを「やる」「やらない」は、ゴルフに対する考え方や価値観を含めて人それぞれであろう。

 一方、すでにリタイアして「毎日が日曜日」になっているシニア世代ならば、集中して練習することは不可能ではない。実際、この連載で登場した3人のエージシューターたちは、現役時代は火を噴くような激務に追われて、ゴルフをしたくても思うように時間がとれず、定年後に本格的に始めた人ばかりだった。

 要はやるか、やらないか。

 上達しない人は上達できない言い訳ばかりを考えているというのは、あながちウソではない。練習する時間がない。お金がない。コースに出る暇がない…。一方、上達する人は、やると決めたら即、実行に移す。言い訳を考えるあいだに実践している。

競技ゴルフの参加がさらに上達の手助けに

 もう1つ、上達するための足掛かりになるのが「競技ゴルフ」であることも、シングルプレーヤーやエージシューターたちに共通していることだ。

 仲間だけと回る“レジャーゴルフ”は気楽に楽しめる半面、どうしても甘えやわがままが出る。「6インチリプレース」や「1グリップOK」のゴルフを続けていると、本当の技術が身に付きにくく、ゴルフが持つ真の面白さを得にくいともいえる。なぜならゴルフは運不運が交互に訪れるゲームでもあり、特に不運を克服して前に進む技術と精神の力を身に付けていくことが、ゴルフの神髄に触れられる条件でもあるからだ。

 レジャーゴルフをしている人は、周りの仲間の体力が衰えて1人ずつ減ってくると、やがて自らもゴルフからリタイアする…というのがお決まりのパターンである。70代、80代でも元気に動き周り、さらにエージシュートを目指そうと挑戦するならば、何はともあれ基礎練習を続け、競技ゴルフの世界にも挑戦することをお薦めしたい。

 実際にやると決めて実行に移した菅さんは、1日も欠かさない練習と創意工夫のお陰で、ハンデキャップ4になり、その後、入会した栃木県のイーストウッドCCでは最高2にまでなっている。同クラブでは1995年、97年、2000年、01年と計4回、シニアチャンピオンに輝き、もう1つのホームコースである茨城ゼネラルCCでも2004年と05年の2度、シニアチャンピオンになった。これまでにエージシュートも2回達成している。

 だが、こうした輝かしいキャリアを誇るトップアマたちにも、その先に待ち受けるエージシュート達成への困苦が待ち受けている。次回は、菅さんのエピソードを交えながら、その「困苦」について、ご紹介しよう



*)次回(9月16日公開)は、『シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.