日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 練習は365日、ハンデ取得後2カ月でシングルに!  > 2ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

練習は365日、ハンデ取得後2カ月でシングルに!

第1回…きっかけは妻のひと言、35歳でゴルフと出合う【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 菅さんが磯釣りに夢中になっていた昭和40年代前半といえば、田中角栄内閣の誕生による「日本列島改造ブーム」で全国各地にゴルフ場が造成された時代。ゴルフ界はジャンボ尾崎や青木功らが中心選手としてトーナメントで活躍し、日本に第2次ゴルフブームが沸き起こった頃である。そうした中でも菅さんは、ゴルフには全く関心が向かなかったという。

 「いや、それだけ磯釣りのほうがめちゃくちゃ面白かったんですよ。全国の磯釣りの名所にはほとんど行きました。釣り場によっては磯渡しの船をチャーターして行きますから、お金はゴルフよりもかかる。でも3~4キロクラスのイシダイがかかったときの手ごたえ、興奮の度合いは、ほかの遊びでは到底味わえませでしたね」(菅さん)

ゴルフを始めるきっかけは妻からの薦めだった

 ところが、その磯釣りに対して奥さんからストップがかかった。

 「磯釣りで波にさらわれたという事故が報道され、その記事を見た妻が危険だから止めてほしいと。止めてもいいけど、その代わりに何をしようかと言ったら、妻のほうからゴルフはどうなのということで、じゃあ陸に上がるかと。それで釣りはきっぱり止めました」(菅さん)

 菅さんは、早速、会社の近くにあるスポーツ店でクラブのハーフセットを購入し、翌日、店主に頼み込んでコースに連れて行ってもらった。

 「たしか千葉廣済堂CCだったと思いますが、スコアは72・68の140。いきなりコースに出ての成績だから、良いのか悪いのか自分ではわからなかったけれども、一緒に回ったスポーツ店の店主はハーフ47で、それがすごく上手く見えたのを覚えています。それと同時に、たくさん叩いたのが悔しくて、絶対に上手くなってやるぞと思いましたね」(菅さん)

愛用のクラブは、ドライバーがテーラーメイド「GLORE」のSシャフト、3W、5W、U(ユーティリティ)は19度でホンマ「BERES」のRシャフト。アイアンはホンマ「TOUR WORLD」のRシャフト。シャフトはすべてカーボン。パターはオデッセイ。
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、最初のうちは遊びのゴルフで、スコアも100を切ったり、切らなかったりのどこにでもいるアマチュアゴルファーの1人だった。

 「そう。はじめた頃はそんなに夢中にもなっていなかった。というか、ショットもパットも思い通りにならないから、ただ飛ばして楽しむだけのゴルフでした。最初から飛距離だけはあった。たまにしか当たらないけど、パーシモン(*1)で280ヤード近く飛んでいたから、それが楽しくてコースに出ていたようなものです」(菅さん)

 菅さんの出身校である北海道・浦河高校では、野球部の正捕手でスラッガーとしても鳴らしていたから、飛ばす技術は先天的に持っていたのだろう。

(*1)ドライバーやフェアウェイウッドなどのヘッドとして使われていた柿の木を使ったウッドクラブのこと。現在はメタル、カーボン、チタンなどの金属製素材が主流となったため、一部の愛好家を除いて、使われることはほぼなくなっている。

ハンデ18から2か月後には8のシングルに

 そんな菅さんが真の意味でゴルフに目覚めたのは、2年後にホームコースの東名厚木CCでハンデキャップを取り、月例競技に参加するようになってからである。

 「ホームコースの会員権はゴルフを始めた直後に購入していましたが、遊びのゴルフだからハンデキャップはなかった。そうしたら、あるとき一緒に回った人から『ハンデを取って月例競技に参加するともっと楽しいよ』といわれて取得したのです。初めて付いたハンデが18でしたが、取得したすぐ翌月の月例競技に参加したらスコア78で回って優勝した。グロスして12アンダーの優勝です。それでハンデが改正されて10になり、さらに翌月の月例競技に出たらスコア75で回って、グロス7アンダーでまた優勝。これでハンデが8になったんです」(菅さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.