日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 練習は365日、ハンデ取得後2カ月でシングルに!
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

練習は365日、ハンデ取得後2カ月でシングルに!

第1回…きっかけは妻のひと言、35歳でゴルフと出合う【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

エージシュートの達成はまだ2回にしか過ぎないが…

 ゴルフは楽しい。そして何歳になっても楽しめる。しかし、それはある程度のスコアで回れたらの話だろう。スコアにこだわらない楽しみ方もないわけではないが、初心者ならともかく10年以上もゴルフをしていて100を切れないようでは真の楽しみは味わえないともいえる。

 ゴルフは、中高年から始めても練習次第でそれなりのスコアでは回れるようになるし、努力が比較的早く結果となって表れるスポーツでもある。今回は、ゴルフを始めて短期間でシングルになり、77歳になった今もその力を維持するために努力を続けているエージシューターをご紹介しよう。

菅さんのスイングフォーム(フィニッシュ)。雨中のラウンドでもスイングは軽やか。
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、菅さんのエージシュートの達成はまだ2回にしか過ぎない。しかし、これからシングルプレーヤーを目指したい中高年の人、ゆくゆくはエージシュートを達成したいと思っている仕事引退組の人、そして、現在シングルプレーヤーで鳴らしている人、すべてのアマチュアゴルファーにとっても、大いに役立つ話が満載である。

かつての趣味は磯釣り、夏場の閑散期に全国を巡っていた

 東京都内で空調機器の製造施工会社を共同で経営する菅丈夫さん(77歳)が、ゴルフを始めたのは1974年、35歳のときだった。

 北海道・浦河町で1938年4月2日に生まれ、高校を卒業すると同時に上京した。電熱器製造会社に就職して6年目に先輩と一緒に独立した菅さんは、会社を設立した当時、営業担当専務として忙しく働いていた。それまでの趣味といえば、磯釣り一筋。ゴルフには見向きもしなかった。

 「今でこそ空調会社というのは冷暖房の両方を手掛けますが、当時は、冷房は冷房専門、暖房は暖房専門の会社に分かれていたのです。私がやっていたのは電熱器を使った暖房専門の会社。寒くなる季節は忙しいけれども夏は暇なんです。そのときに覚えたのが釣りで、夏になると全国各地の磯釣りの名所に出かけていました」(菅さん)

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.