日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 77歳エージシューター、座右の銘は『不良長寿』  > 2ページ目

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

77歳エージシューター、座右の銘は『不良長寿』

第4回…ゴルフを長く続けたいから健康に気をつける【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

リーマンショックのときも「なんとかなるわ」

 5番目の能天気に構えるは、もともと深刻に考えないタイプだったという。

 「株をやっていると、リーマンショックのときは大変だったんじゃないといわれますが、なんとかなるわと考えていました。そんなに金をつぎ込んでいるわけでもないし、そのうち戻るだろうと。ゴルフも一緒です。シニア選手権などのマッチプレーも、15~16番までに並んだら、あとは体力勝負だからなんとかなると思っていると、その通りになる。そんなものだと思っています」(金子さん)

 6番目の食事はなんでも程よく食べるも、その通りに実践している。

健啖家で食欲旺盛なのも、金子さんの元気を支える秘訣だ。猛暑の時期は夏バテなどで食欲が落ちやすいが、ラウンド当日、ゴルフ場のレストランの昼食でとった天丼とザルそばの定食も金子さんは軽く平らげた。
[画像のクリックで拡大表示]

 「たくさんは食べないけれども、家内が作ってくれたものは、何でも万遍なく美味しくいただいています。現役サラリーマン時代は家庭をすべて妻に任せっ放し。リタイアしてからはゴルフ三昧のわがままジジイなのに、朝早いスタートのときも文句一つ言わずに朝食を作って送り出してくれる。私が気楽にエージシュートに挑戦できているのも家内の存在があったればこそ。本当に感謝してもしきれません」(金子さん)

一番大事なのは、「マメに動くこと」

 そしてもう1つ、大事なのが7番目だという。

「おじいちゃんの足は子持ちシシャモだね」と孫から言われたほどのふくらはぎの筋肉。「高校3年間、片道1時間半かけて自転車で通学して鍛えられた名残です」(金子さん)。健康に暮らせるのは、「親から受け継いだDNAが7~8割、自分の努力は1割程度ではないか」と金子さんは言う。
[画像のクリックで拡大表示]

 「運動は根を詰めず“ちんたら”とやる。これはその通りですが、ゴルフでこれをやるとスロープレーになりかねない。だから気分はちんたらでも行動はてきぱきとやる。また根はつめないけれども、マメに動くことは大事だと思って普段から心がけています。畑仕事も、庭木いじりも気付いたときにさっと済ませて明日に延ばさない。そうしておけば多少能天気にやっていても、なんとかなると思っているんです」(金子さん)

 そう。歳をとってからの健康維持で大事なのは、マメに動くことだろう。エージシューターは総じてマメというのが、これまで取材した人たちに共通している。金子さんも例外ではない。昨年の流行語ではないが、「いつ、やるか?」「いまでしょう」を心がけているかのようだ。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.