日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 77歳エージシューター、座右の銘は『不良長寿』
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

77歳エージシューター、座右の銘は『不良長寿』

第4回…ゴルフを長く続けたいから健康に気をつける【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

座右の銘にしているのは『不良長寿への7つの習慣』

 毎朝7時半に起き、朝風呂に入ってヒゲを剃り、朝食のあとは10時から1時間半の練習を欠かさない(前回記事:『 77歳、ゴルフライフを支える「体ケア」』)。それをもうリタイアしてから19年も続けている。話だけ聞くと謹厳実直がゴルフウエアを着ているような印象を与えかねないが、実際に会ってみた金子勝男さん(77歳)は、実にフランクで明るく快活なシニアゴルファーだった。なにしろ座右の銘にしているのが、『不良長寿への7つの習慣』だという。

 不良長寿への7つの習慣とは、順天堂大学医学部・免疫学の泰斗・奥村康教授が提唱している長寿の秘訣をまとめたもので、箇条書きにすると次のようになる。

順天堂大学医学部・奥村康教授が提唱する「不良長寿への7つの習慣」
  • 1、仲間を大切にする
  • 2、異性にときめく
  • 3、よく笑う
  • 4、夜遊びはしない。
  • 5、いつも能天気に構える
  • 6、食事はなんでも程よく食べる
  • 7、運動は根を詰めずちんたらとやる

 金子さんは7カ条を記したコピーを見せながら笑いかける。

 「ね。すごくいいでしょう。これが私の理想なんですよ。いかに元気に老後を過ごすか。それには多少ヤンチャなほうがいい。バカ真面目にやっちゃダメよというんですね。仲間を大切にする。これは私の場合、ゴルフ仲間にあたります。ゴルフ場で多士済々のメンバーと仲間になった。ホールインワンをしたとき400人に記念品を配りましてね、こんなに仲間が多かったのかと、改めて自分でも驚いたくらいですが、これは私の最大の財産だと思っています。今は同年輩の仲間がだんだん減って、10歳くらい若い人たちが仲間になっている。若い人たちと競り合うのがまた若さを保つのにいいんですよ」(金子さん)

愛車のナンバーは36-36。「目標は常にパープレー」。その延長線上にエージシュートがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 異性にときめく。これはいうまでもない。

 「いや、不倫をしようというんではないですよ(笑)。ちょっと小奇麗にする。おしゃれにするということで“ジジイ臭くしない”という意味なんですね。その次のよく笑うは説明不要でしょう。ポジティブに生きるということです」(金子さん)

 夜遊びはしない、という項目もずっと守っている。

 「夜は10時半にはベッドに入り、朝7時半まで熟睡します。途中でトイレに起きることもほとんどない。夜が早いのはリタイアしてからずっと変わりません。夜12時過ぎに寝るのと、10時半くらいに寝るのとでは、体の細胞の活性や修復を高める成長ホルモンの出方が違うという話を聞き、以来、早く寝るようにしています」(金子さん)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.