日経グッデイ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

77歳、ゴルフライフを支える「体ケア」

第3回…肩甲骨、股関節…、ドライバーで飛距離230ヤードを維持【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

「退職しても自由気ままに暮らさないほうがいい」

 去る8月2日、気温37度を超える猛暑日の中をラウンドして45回目のエージシュートを達成した金子勝男さん(77歳)。その1日は、7時半に起床して、そのまま入浴する“朝風呂”からスタートする。

 「リタイアを決めて元の職場に退任のあいさつに出向いた際に、本店の役員に2つのアドバイスをいただいたのです」(金子さん)

 1つは、40年間サラリーマンをやってきて僕らはそういう体になっているのだから、リタイアしたからといって自由気ままに暮らさないほうがいい。朝起きたらヒゲを剃ってシャキっとして、それから食事をとる。妻や孫の前で髪ボサボサの姿を見せない。

自家菜園で収穫したトマト、ナス、ゴーヤなどの夏野菜を手にする金子さん。エージシュートを目標にしたら、健康や食生活にも気を遣うようになった。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、妻が家にいるときは電話に出るな。妻にも友だちがいて、家にかかってくる電話はほとんど妻宛てだから、そこで旦那が出ると相手が恐縮して電話をかけなくなり、妻が窮屈な思いをするようなる。

 「なるほどなあと思って、以後、家内がいるときは一切電話に出ないようにした。朝風呂に入ってヒゲを剃る習慣も、そのとき以来、1日も欠かさずに続けています」(金子さん)

ホームコースの中津川CCでも売っている「ヨーグルメイト」。腸内活性菌が多く、胃腸の調子は極めて良好だという。
[画像のクリックで拡大表示]

 朝風呂の後は、サラリーマン時代と同じようにきちんと着替えてから朝食をとる。

 「朝食は、私が家庭菜園で収穫した無農薬の野菜たっぷりのサラダとベーコンエッグ、パン、それとヨーグルトを必ず食べます。ヨーグルトは中津川CCのゴルフ仲間で、東大教授でもある向井由汎(よしひろ)さんが開発した『ヨーグルメイト』という製品です。腸内活性菌が通常のヨーグルトの10倍入っているというものです」(金子さん)

「ゴルフ代くらいは株で稼ぐ、頭の体操のつもりです」

 朝食が済むと、ラウンドの日はそのままコースへ向かう。ラウンドがなければ日経CNBCなどに目を通して9時から10時までの間、デイトレードを行う。

 「ゴルフ代くらいは株で稼ごうと思って、頭の体操のつもりでやっています。新しいクラブがほしいとか、ゴルフ旅行に誘われたとか…。そんなときのための小遣い稼ぎです」(金子さん)

 10時になると、自宅から5分のところにあるインドアの練習場に向かい、1時間半かけてドライバーからウェッジまで、すべての番手のクラブを万遍なく打つ。12時に帰宅し、シャワーを浴びて昼食をとる。昼食は麺類が多く、食後に30~40分昼寝をする。

 午後はクルマで15分程度の家庭菜園に行き、野菜の手入れをし、野菜作りがない日は庭木いじりをして過ごす。家庭菜園は約60坪あり、トマト、ナス、ピーマン、ゴーヤー、オクラ、キュウリといった夏野菜がたわわに実っている。

 「兄の土地を借りてやっているのですが、ゴルフ仲間に野菜作りをしたいけれども菜園がないという人たちがいて、一緒に野菜を育てています。野菜は手をかけるとちゃんとそれに応えて美味しく育ってくれる。自家菜園で採れた野菜を食べると、スーパーで売っている野菜は食べられません」(金子さん)

77歳でもドライバーの飛距離は230ヤード!

 家庭菜園の手入れは仲間と交代制でやっているため、自分の当番ではない日は、芝生を張った庭にウェッジを持ち出してアプローチの練習をすることもある。

 「1カゴ200球ほどボールを置いてあるので、植木越えのロブショットをやったり、枝の下を通すランニングアプローチをしたりしています。ピンの代わりの籠があって、10球に1球は入れるつもりでやっています」(金子さん)

 こうして1日の日課が終わると、夕食を6~7時の間に済ませ、夜10時半にはベッドに入る。金子さんのセカンドライフは、この連載の第1回目でも触れた、作家・城山三郎の『毎日が日曜日』には決してならない充実した毎日である。

77歳にして、上の写真でも分かる腕の回旋力を支えているのは、肩甲骨の可動域と柔軟性の高さにある。「自宅のAV機器には石渡俊彦プロ監修のストレッチ体操のDVDがセットしてあり、気が向いたときに即、行う」(金子さん)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「酒は飲みません。タバコは61歳でやめました。現役時代は酒が飲めなかったので、ゴルフとマージャンでお付き合いをした。いまはマージャンもやめたのでゴルフ一筋です」(金子さん)

 そのほか週に3~4回、気の向いたときにストレッチを行っている。

 「プロゴルファーの石渡俊彦プロのDVDがいつもAV機器にセットしてあり、スイッチを入れるとすぐに画面に出るようになっている。その中のストレッチのパートを見ながら、テニスを趣味にしている妻と一緒にやっています。ストレッチは1人でやるとついリズムが速くなる。画面に合わせてやると30分でちょうど終わる。これで肩甲骨や股関節、腰回りの柔軟性を保つようにしています」(金子さん)

 こうして柔軟性を維持していることで、77歳になった今でもドライバーの飛距離は220~230ヤードをキープしている。

毎日の練習と、週2回コース通いを支える「体のケア」

 また、週に1回タイ式マッサージに出かけ、さらに月に1度は夫婦で、整体にも通っている。

 「整体は二子玉川にある『ボディドッグ』という店ですが、もう3年半通っています。かつてギックリ腰になったときに駆け込み、1発で直してもらった。月に1回、約1時間の施術で体の歪みを直してくれる。毎日練習をして、週に2回コースに出ながら調子を保てているのは、こうした体のケアを欠かさずに続けているからだと思います」(金子さん)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
両手の平が床にぴったりつく体の柔らかさと四股の深さ。骨盤や股関節の可動域を広げながら柔軟性を保つことで、ケガの予防と飛距離アップの2つの効果をもたらしている。

 継続は力なりというのは、練習を続けることはもちろんだが、同時に練習後の体ケアも合わせてのことなのだと、金子さんの話を聞きながら思ったのだった。



*)次回(7月20日公開)は、「77歳エージシューター、座右の銘にする『不良長寿への7つの習慣』」をお届けします。ぜひ、ご覧ください。