日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 77歳、ゴルフライフを支える「体ケア」  > 3ページ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

77歳、ゴルフライフを支える「体ケア」

第3回…肩甲骨、股関節…、ドライバーで飛距離230ヤードを維持【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 そのほか週に3~4回、気の向いたときにストレッチを行っている。

 「プロゴルファーの石渡俊彦プロのDVDがいつもAV機器にセットしてあり、スイッチを入れるとすぐに画面に出るようになっている。その中のストレッチのパートを見ながら、テニスを趣味にしている妻と一緒にやっています。ストレッチは1人でやるとついリズムが速くなる。画面に合わせてやると30分でちょうど終わる。これで肩甲骨や股関節、腰回りの柔軟性を保つようにしています」(金子さん)

 こうして柔軟性を維持していることで、77歳になった今でもドライバーの飛距離は220~230ヤードをキープしている。

毎日の練習と、週2回コース通いを支える「体のケア」

 また、週に1回タイ式マッサージに出かけ、さらに月に1度は夫婦で、整体にも通っている。

 「整体は二子玉川にある『ボディドッグ』という店ですが、もう3年半通っています。かつてギックリ腰になったときに駆け込み、1発で直してもらった。月に1回、約1時間の施術で体の歪みを直してくれる。毎日練習をして、週に2回コースに出ながら調子を保てているのは、こうした体のケアを欠かさずに続けているからだと思います」(金子さん)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
両手の平が床にぴったりつく体の柔らかさと四股の深さ。骨盤や股関節の可動域を広げながら柔軟性を保つことで、ケガの予防と飛距離アップの2つの効果をもたらしている。

 継続は力なりというのは、練習を続けることはもちろんだが、同時に練習後の体ケアも合わせてのことなのだと、金子さんの話を聞きながら思ったのだった。



*)次回(7月20日公開)は、「77歳エージシューター、座右の銘にする『不良長寿への7つの習慣』」をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

3/3 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.