日経グッデイ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標

第2回…「片手シングル」「シニア選手権出場」「ホールインワン」【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

「このまま仕事を続けるとがんになりますよ」

 金子勝男さん(77歳)が、本格的のゴルフに打ち込むようになったのは、58歳で現役をリタイアしてからである。

 古い年代の読者ならばご記憶があるかも知れないが、かつて信託銀行には年利8%という、今では信じられない金融商品があった。「ビッグ」と称する半年複利の貸付信託で、300万円を5年預けると450万円になって戻ってきた。そんな高金利の貸付信託があったのは、それ以上の金利で貸し出せる旺盛な資金需要があった証左である。銀行が日本経済を下支えした時代。仕事は面白く、やり甲斐もあった。金子さんが信託銀行に勤めていたのは、そんな銀行万能の時代だった。

神奈川地区を統括する横浜支店長時代の金子さん。シャープなスーツ姿に“切れ者”銀行マンらしい雰囲気が漂う。
[画像のクリックで拡大表示]

 「本当に時代がよかったですね。先輩や同僚にも恵まれ、私にとってはすごく働きやすく、やり甲斐のある職場でした」(金子さん)

 金子さんは営業畑一筋で、45歳のときに神奈川県横浜市にある港南台支店の初代支店長になったのを皮切りに、神奈川地区を統括する横浜支店長まで勤め上げた。学歴がものをいう大手信託銀行において、高卒ながら、旗艦支店を任された後に51歳で関連会社の社長にもなっている。そんな恵まれたサラリーマン人生だったが、58歳で未練もなく退任した。そのきっかけの一つとなったのが、会社の定期検診で「胃潰瘍」が見つかったことだった。

 「今振り返ると、ちょうどバブルが弾けて銀行の統廃合が話題になっていましたから、そんなことがストレスになっていたのでしょう。自分では気付かなかったけれども、胃潰瘍が見つかり、『このまま仕事を続けるとがんになる』と医師に宣告されたんです。それまでのバブル絶頂期にも何人もの仲間が亡くなっていた。私にとってはいい職場だったけれども、やはり銀行業界は過酷な競争社会。同僚の葬式に参列するたびに『企業戦士、戦場に死す、だな』という思いを強くして、早い時期から55歳になったら銀行はやめるつもりでいたのです。当時は55歳定年でしたから、退職して、せめてゴルフくらいはちゃんとやって余生を送りたいと思っていた。予定していたよりも3年長く勤めたけれども、医者の言葉が自分の気持ちを後押ししてくれました」(金子さん)

ゴルフ三昧の余生のために立てた3つの目標

 ゴルフ三昧の余生を送るに当たって、金子さんは目標を立てた。

 「当時はハンデが9だったので、これを片手シングル(ハンデ5以下)にするのが1つ。2つ目は、60歳から出場資格のあるクラブのグランドシニア選手権を取る。3つ目がホールインワンをやる。この3つを目標に定め、達成のために年間100ラウンドしようと決めました」(金子さん)

 年間100ラウンド。つまり週に2~3回はコースに出る。コースに出ない日は練習場とスポーツジムに通う。これを日課にした。

 「とにかく毎日クラブを握る。スポーツジムは5年ほどでやめましたが、インドア練習場には、今も欠かさず毎日通っています。インドア練習場は距離がなくて打球の飛んでいく先がわからないから練習にならないという人がいるけど、そんなことはありません。打球が10ヤード先のネットに当たった音で、弾道の強さや右にいったかどうかが分かるのです。同時に毎日続けることで、スイングに必要な筋力を維持できる。歳を取ってからのゴルフで一番大事なのは筋力低下をどう防ぐかということ。ですから、私にとってはインドアでも十分練習になるのです」(金子さん)

70歳で初のエージシュートを達成してハンデ3に

 インドアの練習場は自宅からクルマで5分。ビルのなかにあって冷暖房完備で、雨が降ろうと風が吹こうと関係なく練習できる。料金は月1万5000円で打ち放題。金子さんは毎日1時間半かけて250球をウエッジからアイアン、フェアウエーウッド、ドライバーと打っていき、最後にウェッジに戻ってやめるパターンを繰り返す。

 「それでも半分以上がウェッジの練習です。ウェッジはヘッドの重さを指先に感じながらゆっくりストロークするので、打球の回転がわかる。ボールが落ちてからどっちにキックしたかはわからなくても、打ったときの感触でスピンのかかり具合はわかります」(金子さん)

自宅の庭でアプローチの練習をする金子さん。庭木の下を通すランニングや、上を越すロブショットなどコントロール性抜群の寄せは、ここで磨かれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした努力は、やがて結果となって実を結んだ。

 リタイアして2年後の60歳で念願のシニアチャンピオンになり、65歳までに3回のホールインワンを達成した。64歳からは6年連続でクラブ代表に選ばれ、神奈川県下のゴルフ場のクラブ対抗戦に出場。さらに68歳で2回目のシニアチャンピオンに輝き、翌年はスクラッチ選手権でも優勝を果たす。

 こうして70歳になった年の8月3日、先と同じスクラッチ選手権でIN34・OUT34の68という快スコアを出して初めてエージシュートを達成した。その余勢を駆って翌月のグランドシニア選手権でもIN34・OUT36の70でエージシュートを達成し、グランドシニアチャンピオンになる偉業を成し遂げたのだった。

 「ハンデは70歳のときに最高3になりました」(金子さん)

 リタイアするときに掲げた3つの目標はすべて達成したことになる。

 「ハンデ3になったことに加えて、70歳でエージシュートを達成できたのは嬉しかった。エージシュートは生涯に一度は実現したいと思っていたのですが、それが70歳でできたというのはまったくの予想外。公式戦だからクラブハウスのボードにも永久に名前とスコアが刻まれることになり、これはすごく嬉しくて誇りに思いましたね」(金子さん)

まだまだやれると前向きに努力さえすれば進化できる

 何よりも自信になったのは、体力が下り坂に向かう60歳を過ぎてから、「自分で自分の可能性をどんどん広げることができたこと」だと金子さん言う。

 「歳を重ねても自分に枷(かせ)をはめず、前向きに努力さえすれば進化できるのだと証明することができて、そんな自分を目標にしてくれる友人が増えたことが嬉しかったですね」(金子さん)

クラブハウスのボードに名前が刻まれるのはゴルファーの1つの夢だ。2008年、2回目のシニアチャンピオンとしてK.KANEKOの文字が見える。
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、目標をクリアしたら気が緩んだのか、その後にハンデは7まで落ちてしまった。「モチベーションをなくしてしまったらゴルフはダメになる」。そう気付いた金子さんは、即座に新たな目標を掲げた。

 「関東グランドシニア選手権への出場を毎年の目標に決めました」(金子さん)

 既にその目標も、今年で8回連続で果たしている。これまでのエージシュートの達成記録は計45回。77歳での45回は、かなり速いペースであることはいうまでもない。

 「継続は力なり、という格言を今さらながら実感しています」(金子さん)

 次回、そんな金子さんの体を支えている生活習慣について迫ってみよう。



*)次回(8月19日公開)は、『毎日の練習と週2回のコース通いを支える「体ケア」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。