日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標  > 3ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標

第2回…「片手シングル」「シニア選手権出場」「ホールインワン」【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

まだまだやれると前向きに努力さえすれば進化できる

 何よりも自信になったのは、体力が下り坂に向かう60歳を過ぎてから、「自分で自分の可能性をどんどん広げることができたこと」だと金子さん言う。

 「歳を重ねても自分に枷(かせ)をはめず、前向きに努力さえすれば進化できるのだと証明することができて、そんな自分を目標にしてくれる友人が増えたことが嬉しかったですね」(金子さん)

クラブハウスのボードに名前が刻まれるのはゴルファーの1つの夢だ。2008年、2回目のシニアチャンピオンとしてK.KANEKOの文字が見える。
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、目標をクリアしたら気が緩んだのか、その後にハンデは7まで落ちてしまった。「モチベーションをなくしてしまったらゴルフはダメになる」。そう気付いた金子さんは、即座に新たな目標を掲げた。

 「関東グランドシニア選手権への出場を毎年の目標に決めました」(金子さん)

 既にその目標も、今年で8回連続で果たしている。これまでのエージシュートの達成記録は計45回。77歳での45回は、かなり速いペースであることはいうまでもない。

 「継続は力なり、という格言を今さらながら実感しています」(金子さん)

 次回、そんな金子さんの体を支えている生活習慣について迫ってみよう。



*)次回(8月19日公開)は、『毎日の練習と週2回のコース通いを支える「体ケア」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.