日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標

第2回…「片手シングル」「シニア選手権出場」「ホールインワン」【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 「とにかく毎日クラブを握る。スポーツジムは5年ほどでやめましたが、インドア練習場には、今も欠かさず毎日通っています。インドア練習場は距離がなくて打球の飛んでいく先がわからないから練習にならないという人がいるけど、そんなことはありません。打球が10ヤード先のネットに当たった音で、弾道の強さや右にいったかどうかが分かるのです。同時に毎日続けることで、スイングに必要な筋力を維持できる。歳を取ってからのゴルフで一番大事なのは筋力低下をどう防ぐかということ。ですから、私にとってはインドアでも十分練習になるのです」(金子さん)

70歳で初のエージシュートを達成してハンデ3に

 インドアの練習場は自宅からクルマで5分。ビルのなかにあって冷暖房完備で、雨が降ろうと風が吹こうと関係なく練習できる。料金は月1万5000円で打ち放題。金子さんは毎日1時間半かけて250球をウエッジからアイアン、フェアウエーウッド、ドライバーと打っていき、最後にウェッジに戻ってやめるパターンを繰り返す。

 「それでも半分以上がウェッジの練習です。ウェッジはヘッドの重さを指先に感じながらゆっくりストロークするので、打球の回転がわかる。ボールが落ちてからどっちにキックしたかはわからなくても、打ったときの感触でスピンのかかり具合はわかります」(金子さん)

自宅の庭でアプローチの練習をする金子さん。庭木の下を通すランニングや、上を越すロブショットなどコントロール性抜群の寄せは、ここで磨かれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした努力は、やがて結果となって実を結んだ。

 リタイアして2年後の60歳で念願のシニアチャンピオンになり、65歳までに3回のホールインワンを達成した。64歳からは6年連続でクラブ代表に選ばれ、神奈川県下のゴルフ場のクラブ対抗戦に出場。さらに68歳で2回目のシニアチャンピオンに輝き、翌年はスクラッチ選手権でも優勝を果たす。

 こうして70歳になった年の8月3日、先と同じスクラッチ選手権でIN34・OUT34の68という快スコアを出して初めてエージシュートを達成した。その余勢を駆って翌月のグランドシニア選手権でもIN34・OUT36の70でエージシュートを達成し、グランドシニアチャンピオンになる偉業を成し遂げたのだった。

 「ハンデは70歳のときに最高3になりました」(金子さん)

 リタイアするときに掲げた3つの目標はすべて達成したことになる。

 「ハンデ3になったことに加えて、70歳でエージシュートを達成できたのは嬉しかった。エージシュートは生涯に一度は実現したいと思っていたのですが、それが70歳でできたというのはまったくの予想外。公式戦だからクラブハウスのボードにも永久に名前とスコアが刻まれることになり、これはすごく嬉しくて誇りに思いましたね」(金子さん)

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.