日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標  > 2ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標

第2回…「片手シングル」「シニア選手権出場」「ホールインワン」【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 「とにかく毎日クラブを握る。スポーツジムは5年ほどでやめましたが、インドア練習場には、今も欠かさず毎日通っています。インドア練習場は距離がなくて打球の飛んでいく先がわからないから練習にならないという人がいるけど、そんなことはありません。打球が10ヤード先のネットに当たった音で、弾道の強さや右にいったかどうかが分かるのです。同時に毎日続けることで、スイングに必要な筋力を維持できる。歳を取ってからのゴルフで一番大事なのは筋力低下をどう防ぐかということ。ですから、私にとってはインドアでも十分練習になるのです」(金子さん)

70歳で初のエージシュートを達成してハンデ3に

 インドアの練習場は自宅からクルマで5分。ビルのなかにあって冷暖房完備で、雨が降ろうと風が吹こうと関係なく練習できる。料金は月1万5000円で打ち放題。金子さんは毎日1時間半かけて250球をウエッジからアイアン、フェアウエーウッド、ドライバーと打っていき、最後にウェッジに戻ってやめるパターンを繰り返す。

 「それでも半分以上がウェッジの練習です。ウェッジはヘッドの重さを指先に感じながらゆっくりストロークするので、打球の回転がわかる。ボールが落ちてからどっちにキックしたかはわからなくても、打ったときの感触でスピンのかかり具合はわかります」(金子さん)

自宅の庭でアプローチの練習をする金子さん。庭木の下を通すランニングや、上を越すロブショットなどコントロール性抜群の寄せは、ここで磨かれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした努力は、やがて結果となって実を結んだ。

 リタイアして2年後の60歳で念願のシニアチャンピオンになり、65歳までに3回のホールインワンを達成した。64歳からは6年連続でクラブ代表に選ばれ、神奈川県下のゴルフ場のクラブ対抗戦に出場。さらに68歳で2回目のシニアチャンピオンに輝き、翌年はスクラッチ選手権でも優勝を果たす。

 こうして70歳になった年の8月3日、先と同じスクラッチ選手権でIN34・OUT34の68という快スコアを出して初めてエージシュートを達成した。その余勢を駆って翌月のグランドシニア選手権でもIN34・OUT36の70でエージシュートを達成し、グランドシニアチャンピオンになる偉業を成し遂げたのだった。

 「ハンデは70歳のときに最高3になりました」(金子さん)

 リタイアするときに掲げた3つの目標はすべて達成したことになる。

 「ハンデ3になったことに加えて、70歳でエージシュートを達成できたのは嬉しかった。エージシュートは生涯に一度は実現したいと思っていたのですが、それが70歳でできたというのはまったくの予想外。公式戦だからクラブハウスのボードにも永久に名前とスコアが刻まれることになり、これはすごく嬉しくて誇りに思いましたね」(金子さん)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.