日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフ三昧の余生のために掲げた3つの目標

第2回…「片手シングル」「シニア選手権出場」「ホールインワン」【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

「このまま仕事を続けるとがんになりますよ」

 金子勝男さん(77歳)が、本格的のゴルフに打ち込むようになったのは、58歳で現役をリタイアしてからである。

 古い年代の読者ならばご記憶があるかも知れないが、かつて信託銀行には年利8%という、今では信じられない金融商品があった。「ビッグ」と称する半年複利の貸付信託で、300万円を5年預けると450万円になって戻ってきた。そんな高金利の貸付信託があったのは、それ以上の金利で貸し出せる旺盛な資金需要があった証左である。銀行が日本経済を下支えした時代。仕事は面白く、やり甲斐もあった。金子さんが信託銀行に勤めていたのは、そんな銀行万能の時代だった。

神奈川地区を統括する横浜支店長時代の金子さん。シャープなスーツ姿に“切れ者”銀行マンらしい雰囲気が漂う。
[画像のクリックで拡大表示]

 「本当に時代がよかったですね。先輩や同僚にも恵まれ、私にとってはすごく働きやすく、やり甲斐のある職場でした」(金子さん)

 金子さんは営業畑一筋で、45歳のときに神奈川県横浜市にある港南台支店の初代支店長になったのを皮切りに、神奈川地区を統括する横浜支店長まで勤め上げた。学歴がものをいう大手信託銀行において、高卒ながら、旗艦支店を任された後に51歳で関連会社の社長にもなっている。そんな恵まれたサラリーマン人生だったが、58歳で未練もなく退任した。そのきっかけの一つとなったのが、会社の定期検診で「胃潰瘍」が見つかったことだった。

 「今振り返ると、ちょうどバブルが弾けて銀行の統廃合が話題になっていましたから、そんなことがストレスになっていたのでしょう。自分では気付かなかったけれども、胃潰瘍が見つかり、『このまま仕事を続けるとがんになる』と医師に宣告されたんです。それまでのバブル絶頂期にも何人もの仲間が亡くなっていた。私にとってはいい職場だったけれども、やはり銀行業界は過酷な競争社会。同僚の葬式に参列するたびに『企業戦士、戦場に死す、だな』という思いを強くして、早い時期から55歳になったら銀行はやめるつもりでいたのです。当時は55歳定年でしたから、退職して、せめてゴルフくらいはちゃんとやって余生を送りたいと思っていた。予定していたよりも3年長く勤めたけれども、医者の言葉が自分の気持ちを後押ししてくれました」(金子さん)

ゴルフ三昧の余生のために立てた3つの目標

 ゴルフ三昧の余生を送るに当たって、金子さんは目標を立てた。

 「当時はハンデが9だったので、これを片手シングル(ハンデ5以下)にするのが1つ。2つ目は、60歳から出場資格のあるクラブのグランドシニア選手権を取る。3つ目がホールインワンをやる。この3つを目標に定め、達成のために年間100ラウンドしようと決めました」(金子さん)

 年間100ラウンド。つまり週に2~3回はコースに出る。コースに出ない日は練習場とスポーツジムに通う。これを日課にした。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.