日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 91歳が示す手本、「加齢は防げぬが、老化は防げる」  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

91歳が示す手本、「加齢は防げぬが、老化は防げる」

第4回…「好奇心」「向上心」「研究熱心」がエージシュートの源泉【植杉乾蔵さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

「好きなプロのスイングを見ると、自分のスイングを見失う」

 植杉さんによれば「スイングはまったくの自己流」だというが、体のきれいな回転を使ってボールをよく飛ばす。

 「誰かに教わったこともなければ、プロについたこともありません。ただゴルフ雑誌は定期的に購読していて、隅から隅までよく読みます。スイングの特集で気になることがあると、すぐ庭に出て素振りをするとか、新しいクラブが出て良さそうだと思うと買って試してみるとか、とにかく自分でやってみないと気が済まない。九州で開催されるプロのトーナメントは、家内と一緒にほとんど見に行きます。でも、観戦後1週間くらいはスイングが崩れてスコアにならない。好きなプロのスイングを見ると、つい真似したくなって、自分本来のスイングを見失うのです(笑)」(植杉さん)

 この旺盛な「好奇心」「向上心」「研究熱心」の“3K”こそがエージシュート1300回の源泉といっても過言ではない。

体のターンをうまく使った見事な植杉さんのスイング。インパクト直前(写真5)でシャフトが「しなり戻り」しているのが“飛ばし”の秘訣だ。とても91歳の人とは思えないほど、力強さと美しさを備えている。
[画像のクリックで拡大表示]

 植杉さんのドライバーの飛距離は180ヤード前後だが、それでも91歳になった今もなおホームコース「球磨カントリークラブ」の月例競技に出場する。すべてバックティからのラウンドで距離は6800ヤード以上。20~30代の若いメンバーたちと一緒に打って行く。さすがにここ1年はバックティからエージシュートを出すことはなくなったが、それでも諦めずに挑戦し続けると姿勢に植杉さんの真骨頂を見る思いがする。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.