日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 全治3カ月の骨折でも、「クラブを杖にラウンド」!  > 2ページ目

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

全治3カ月の骨折でも、「クラブを杖にラウンド」!

第3回…91歳の体管理は、UV対策・水分補給・極力歩く【植杉乾蔵さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

「コースを歩くことが一番のトレーニング、健康法です」

 またラウンド中は、必ず両膝にサポーターをつけて歩く。高齢者に多い腰、膝の関節を傷めないようにするためだ。むろん、ラウンド中は乗用カートがあっても極力、歩く。

 「歳を取って、足腰が弱くなったからゴルフがダメになったという人が多いけど、私に言わせればゴルフをしないから足腰がダメになるとです。私はほとんどカートに乗らずに歩いてラウンドします。だから特にウォーキングなどはしない。コースを歩くことが私の一番のトレーニング、健康法になっとっとです」(植杉さん)

ホームコース・球磨CCでゴルフ仲間とスタート前に撮影。この日は同CCの理事会・委員会の合同競技が開かれていた。
[画像のクリックで拡大表示]

水分補給の習慣を徹底、寝室には“簡易移動トイレ”も

 次に、気をつけているのがラウンド中の水分補給。植杉さんのラウンドに同行する千枝子さんは常に4本のペットボトルを持参する。ビタミン系とアミノ酸系のスポーツドリンク、電解質系のミネラルウォーター、そしてお茶。

 「ビタミン系は午前中に飲み、アミノ酸系は午後疲れてきたときに飲みます。市販のスポーツドリンクは糖分が多いので、両方とも水で倍に薄め、そこに塩を一つまみ加えたものを持って行きます。ラウンド中は2ホールごとにティグラウンドに立つ前に一口飲む。脱水症はのどが乾いてからでは手遅れになる危険性があるので、のどが乾いていなくても飲むよう習慣付けているのです」(植杉さん)

 千枝子さんによれば、脳梗塞や心筋梗塞などの血管アクシデントは、脱水症状が引き金になることも多く、高齢者は特にまめな水分補給が大事だという。脱水症の予防は夜も同じで、水分補給も兼ねて就寝前に牛乳を飲むことに加えて、枕元にペットボトルの水を置いて寝る。夜中に目が覚めたとき、朝起きたときなど、ベッドから出る前には必ず水を飲む習慣にしている。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.