日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 91歳エージシューター、年間150ラウンドを支える「内助の功」  > 2ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

91歳エージシューター、年間150ラウンドを支える「内助の功」

第2回…1日6食。結婚後、妻の仕事は「主人を太らせる」【植杉乾蔵さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 加えて営業マンならではの不規則な生活や、独り身で栄養のバランスも考えない食事、さらに仕事上のストレスもあったのだろう。胃潰瘍や大腸炎などの消化器系疾患を抱え、40歳当時についたあだ名が「三日月さん」。それくらいに痩せていたそうだ。

「結婚した私の仕事は、主人を太らせることでした」

 植杉さんが52歳のときに結婚した千枝子さんは、友人の紹介で最初に植杉さんと出会ったとき、「このままでは病気の看病ばかりになるのでは」と心配したほどだった。

40歳の頃の植杉さん。165㎝センチで48㎏しかなく、あまりにも痩せていたため「三日月さん」と呼ばれていた(写真右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「結婚した私の最初の仕事は、主人を太らせることでした。といっても急に体重を増やすと危険なので、徐々に増えるように計画を立てたうえ、食の細い主人が無理しないよう、1日の食事を6回に分けて食べてもらいました。通常の朝、昼、夕食のほかに、朝10時と午後3時、そして就寝前の23時に軽い食事を加えました。寝る前は胃にもたれないようバナナと牛乳にするなど、栄養のバランスも考え、10年かけて10㎏体重を増やす作戦を続けたのです」(千枝子さん)

 おかげで植杉さんが60歳になった頃には、体重が60㎏になり、現在もその状態を維持している。

 植杉さんの30年にわたる年間150ラウンド以上という超人的なゴルフ生活は、妻・千枝子さんによる栄養バランスと規則正しい食事時間を考慮した「肉体改造プロジェクト」からスタートしたのだった。

健康の秘訣は1日6食、30品目を取る

 「主人は、生野菜は固いといって食べないので、セロリやキャベツの芯、大根の葉っぱまでミキサーでジュースにするなどして、6つの基礎食品群(*)からバランスよく1日30品目の食品を毎日摂るようにしています」(千枝子さん)。さらに、紙パックの1L入り牛乳を3日で4本飲む(夫婦で)。朝食、夕食、そして就寝前の1日3回、コップ1杯ずつ飲む。特に寝る前の牛乳は骨粗しょう症予防のため。骨は夜、寝ている間に代謝し、再生しているというのは、科学的にも証明されている。

 元看護師で調理師の資格を持つ千枝子さんの目配りは、結婚後、食生活から体調管理にまで及び、文字通り“かゆいところに手の届く”甲斐甲斐しさ。今も植杉さんのエージシュートの記録更新を支えている。

 「味付けは薄味にしてありますが、全部を薄くするとまずくなるので、味にメリハリをつけ、魚や肉は濃い味で、野菜類はドレッシングか素材の味を楽しめるように調理しています。塩はほとんど使わず、酢や味噌、醤油、佃煮などで味付けをします。漬け物類は保存するために塩を濃くしてあるので、食べるときに塩抜きをして、カボスやレモン、酢、ショウガなどで味をつけて、極力薄味にして食べています」(千枝子さん)

6つの基礎食品群(*)
厚生労働省が作成した6つの食品群。すべての群から1日30品以上を選んで食べることを推奨している。1群:魚、肉、卵、大豆、大豆製品。2群:牛乳、乳製品、海藻、小魚。3群:緑黄色野菜。4群:淡色野菜。5群: 穀類、イモ類、砂糖。6群:油脂類、脂肪の多い食品。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.