日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > ゴルフの上達に欠かせない2つの目標設定  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフの上達に欠かせない2つの目標設定

第3回…目標があれば「生活習慣」も「日常行動」も変えられる【大久保和男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

71歳のときに初めてエージシュートを達成

 「たとえ短いコースであっても、大切なのはしっかり目標を持つことだと思います。そうすることで生活習慣も日常の行動も、あらゆるものが目標に向かっていく。それが、条件が変わっても好結果を引き出せる理由だと思いますね」

大久保さんのホームコースである富谷パブリックコースにおいて人生初のエージシュートを達成。その際、コースより贈呈された記念ボール。
大久保さんのホームコースである富谷パブリックコースにおいて人生初のエージシュートを達成。その際、コースより贈呈された記念ボール。
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに大久保さんが富谷パブリックで初めてエージシュートを達成したのは71歳のときで、スコアは前半35・後半35の70だった。その2年後、73歳のときに松島国際カントリークラブ(6144ヤード、パー72)で、それほど緊張することもなく前半37・後半36の73を出して本コースにおける初エージシュートを達成。その後も本コースでは通算91回達成している。

 ついでに言えば、大久保さんがもう1つのホームコースとしている「グレート仙台」では、73歳、77歳、79歳のとき、3度に渡ってグランドシニアのクラブチャンピオンに輝き、JGA(日本ゴルフ協会)のグランドシニア全国大会にも70歳、71歳、73歳のときの3度、出場を果たしている。

「理想目標」と「達成目標」の2つを設定すること

 エージシュート達成を目指していた当時の練習は、週に2回、90分打ち放題の練習場に通って、1回当たり500球打つ。「スウィングは自己流で、ひたすら曲げない打ち方を練習した。といっても練習の80パーセントは100ヤード以内で、10ヤード刻みで打ち分ける練習をよくしました。だから必然的に得意クラブはAW(アプローチウェッジ)です。あとはアイアンの練習が全体の15%。ドライバーはフェアウェイにさえ飛んでくれればいいと考えているので、500球のうち20球くらいしか打たなかったですね」。

 大久保さんにエージシュート達成のコツを伺うと、「理想目標」と「達成目標」の2つを設定することにあると教えてくれた。

 「理想はとても高く掲げること。しかし、手の届きやすい現実的で身近な数字も掲げる。こうして『達成目標』を果たした喜びを実感しながら、1歩ずつ階段を上って『理想目標』を目指していくのです」

今年5月12日に宮崎のトム・ワトソンゴルフコースで開催された「エージシュート全国大会」に佐藤さんと一緒に参加した大久保さん(右)。試合に参加したあと1泊して、翌日は福岡に呼び寄せた奥さまを伴って北九州半周の旅を楽しんだ。「サラリーマン時代に苦労をかけた罪滅ぼしに女房孝行をしています」
今年5月12日に宮崎のトム・ワトソンゴルフコースで開催された「エージシュート全国大会」に佐藤さんと一緒に参加した大久保さん(右)。試合に参加したあと1泊して、翌日は福岡に呼び寄せた奥さまを伴って北九州半周の旅を楽しんだ。「サラリーマン時代に苦労をかけた罪滅ぼしに女房孝行をしています」
[画像のクリックで拡大表示]

 距離が短くてスコアのまとまりやすい富谷パブリックにおいて、大久保さんが何度もエージシュートを達成してつかんだコツは、シニアからでもゴルフが上達できるヒントを示している。エージシュートなんて雲の上の数字で、とても、とても、と思っているゴルファーはぜひ参考にしてほしい。

次回(6月25日公開)は、『ゴルフは「人生の最後に残しておいた楽しみ」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.