日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 「庶務課の仕事」で知り合った終生のゴルフ仲間
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

「庶務課の仕事」で知り合った終生のゴルフ仲間

第2回…第二の人生を充実させる「仲間」という必須条件【大久保和男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

リハビリ目的で選んだコースは、手引きカートのアメリカンスタイル

 サラリーマン時代はゴルフをやりたくても仕事に追われて思うようにできなかったのが、定年を機に本腰を入れて取り組み、68歳で心臓のバイパス手術を受け、ゴルフ場通いを始めた大久保和男さん(前回記事:「企業戦士を襲った病魔とエージシュートとの出合い」)。医師に「歩くのが一番のリハビリだ」と言われ、週2日はコースに通うことを決めた。そこで選んだのが仙台市郊外にある「富谷パブリックコース」だった。

 プレーヤーは各自、手引きのカートにバッグを積み、歩いてラウンドするアメリカンスタイルのゴルフ場というのも、大久保さん(85)の「リハビリの目的」にはうってつけだった。

大久保さんが週に2回通う富谷パブリックコースは、手引きのカートで「歩いてのラウンド」が基本。だいたい1ラウンドで1万4000歩前後歩く。距離はないがフェアウエーの幅が狭いために正確なショットが要求され、しかも適度なアップダウンがある。飛ばすか、刻むか、刻むならどこに刻むかといった「考えるゴルフ」が求められる。気のおけない仲間との語らいも楽しみの1つだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 同コースの設定は、4910ヤードのパー70。距離はないが、緩やかなアップダウンのある戦略的なレイアウトで、仙台では中高年の体力維持や生活習慣病の予防にも最適なゴルフ場として知られているそうだ。加えて、70歳以上は1ラウンドのプレーフィーが3550円。カート代と昼食代を合わせても5000円でお釣りのくる安さも、既に年金暮らしの大久保さんにとってはありがたかった。

転勤族が土地に根付くには「庶務課の仕事」が不可欠

 このコースを選んだことで、大久保さんがゴルフを続ける上での新たな幸運がもたらされることになった。生涯のゴルフ仲間となる3人、佐藤克己さん(85)、翁市郎さん(83)、土屋庄寿さん(84)と出会ったのだ。いずれも会社は違うが現役時代はみな転勤族で、定年後に仙台に終の住処(すみか)を構えていた。

 翁さんが言う。「転勤族には友人ができにくいという共通の課題がある。ゴルフ場で3人と出会ってから会社のOB会よりも親密にお付き合いさせてもらっているんですよ」

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.