日経グッデイ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

企業戦士を襲った病魔とエージシュートとの出合い

第1回…老後はゴルフ三昧の夢も「命の保証はない」【大久保和男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

仕事では自己犠牲も厭わない企業戦士だった!

 18ホールを自分の年齢以下のスコアで回るゴルフのエージシュートは、歳をとっても元気にゴルフを続けたいと考える人たちが、生涯に1度は達成したいと夢見る目標の1つだ。そのエージシュートを、心臓手術後の目標にしてリハビリに励み、すでに350回も達成しているシニアゴルファーがいる。宮城県仙台市に住む大久保和男さん(85)である。

「ゴルフは好きでね、やりたくて仕方なかった。定年になったら毎日やってやるゾと思っていましたね」と大久保さん。だが定年を前にした55歳のときに狭心症に襲われることになった。
[画像のクリックで拡大表示]

 昭和5年生まれの大久保さん(85)は、いわば日本経済が右肩上がりで伸びてゆく高度成長期の真っただ中でサラリーマン生活を送った。家庭よりも職場、家族よりも仕事を優先する生き方に何の疑問も差し挟まなかった世代である。一生懸命やれば必ず報われると信じて、ときには自己を犠牲にして仕事にまい進した。勤務先は大手の損保会社。俗にいう「転勤族」で、札幌を皮切りに東京、大阪、徳島、岩手とほぼ全国を股にして営業の最前線で働き、最後は東北6県を束ねる仙台支店長でサラリーマン生活を終えた。まさに仕事一筋の企業戦士だったといえよう。

 「ゴルフは好きでね、やりたくて仕方なかったけど仕事が忙しくて月に1~2回、接待ゴルフでコースに出るのが関の山。定年になったら毎日やってやるゾと思っていましたね」

歯科医院のポスターをヒントにエージシュートの目標を立てる

 そんな老後の夢が、ある日を境に暗転する。55歳のとき狭心症による強度の発作を起こしたのだ。

 狭心症は突如として心臓をえぐり取られるような激痛に襲われ、その痛みは短時間で嘘のように治まるといった症状を繰り返すことが多い。大久保さんは薬で発作を抑えながら仕事を続けた。だが、すでに支店長の要職にあったため、夜の接待なども欠かすわけにはいかず、症状はますます悪化した。そこで主治医の勧めもあり、半年間、休職して治療に専念することにした。

 治療は発作を抑える薬を服用して安静にしているだけ。心臓にストレスを与えなければ適度な運動はしてよいという医師の指示で毎朝の散歩も続けた。その結果、発作の頻度はかなり少なくなったが、完治したわけではなかった。そして、なんとか体をごまかし続けながら60歳の定年をようやく迎え、健康維持も兼ねて念願だったゴルフ場通いを始める。

 このとき大久保さんは1つの目標を立てた。

 「定年と同時に、サラリーマン時代の不摂生で傷めつけた体を全部治そうと思い歯科医院に行ったら、80歳まで20本の歯を残すという『80―20』のポスターが壁に貼ってありましてね。それを見て、そうだ、どうせゴルフをやるなら、80歳のときにスコア80で回る『80―80』のエージシュートを目標にしようと決めたのです」

「大きな発作が出れば命の保証はできない」

 しかし、完全に治りきっていない心臓発作の不安を抱えながらのラウンドとあっては心底から楽しむこともできず、スコアも90~100台のアベレージの域を出ない日々が続いていたという。そうこうしているうちに、68歳のときに重大な決断を迫られることになった。

 「かかりつけの医師に、今のままではいつ大きな発作に襲われるか分からないし、大きな発作が起きたら命の保証はできないと言われたのです。『じゃあ、体力のあるうちに』と手術を決断して、6時間にも及ぶ心臓のバイパス手術を受けました。結果的にそれが良かった。術後、リハビリには歩くのが一番だと医師に言われ、『どうせ歩くならばゴルフ場を歩こう』と、退院して4カ月後からゴルフ場に通い始めたのです。それからはゴルフ場を職場だと考えて、週に2回以上コースに出るようになりました」

愛車のナンバープレートもエージシュートの目標と同じ「80-80」

 定年後はゴルフ三昧の生活を夢に描きながらも、“仕事人間”の悲しさで、「バイパス手術をする前はコースに行くのにもどこか後ろめたさが付きまとった」と大久保さんは言う。

 だが、手術後はリハビリのためという「お墨付き」を得て、家族にも公認のゴルフ場通いができるようになった。無論、エージシュート達成という目標が心の支えとなったことはいうまでもない。

マイカーの買い替えのときには、自分で好きな番号の区分や数字が選べる「希望ナンバー制」を活用。80歳でエージシュートを達成するとの目標を込めて「80-80」のナンバープレートを取得した。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ちょうどクルマの買い替えどきで、ナンバープレートの数字を自分で選べるようになったので、80―80のナンバーを交付してもらいました。クルマに乗るとき、降りるとき、いつも身近に目標を見て、それを励みにゴルフ場通いを続けました」

 大久保さんのエージシュートへの挑戦が本格的にスタートしたのだった。

次回(6月18日公開)は、『「庶務課の仕事」で知り合った終生のゴルフ仲間』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。