日経グッデイ

深い呼吸はカラダを変える

首と肩の「呼吸筋ストレッチ」

もっと「吸う筋肉」を伸ばしてみよう!

「吸う」ときに働く筋肉を「吸いながら」ストレッチすれば、呼吸にかかわる筋肉に驚くほど弾力性が生まれるという。呼吸が深くなるのはもちろん、姿勢も良くなる医師考案の“呼吸筋”ストレッチ。今回はデスクワークの合間にも簡単にできる、首と肩の吸息筋ストレッチを紹介。悩ましい“こり”を解消しよう!

息を「吸う」筋肉を伸ばして、首こり、肩こりを解消!

 前回ご紹介した(関連記事:「呼吸筋ストレッチで胸と背中を刺激、美しい姿勢に」)胸や背中の“吸う筋肉”をストレッチしたら、次はもう少し上の首や肩の“吸う筋肉”で同様に行ってみよう。

 「首」と「肩」は凝りの2大地帯。凝りを感じて、首や腕を回して、痛みを和らげている人も多いだろう。試しに、“吸いながら”首や肩をストレッチしてみよう。効果感がまったく違うことに気づくはずだ。

 「首には“吸う筋肉”が集まっている。首と、そして首からつながる肩を、息を吸いながら伸ばすことで、凝りまで解消される」(東京有明医療大学の本間生夫教授)。

 そもそもこのストレッチは、ぜん息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)といった呼吸困難感が強い人のために考案されたもの。だから、すべてのストレッチに「呼吸が浅い」「ちょっと息苦しい」といった呼吸の不快感を改善する効果がある。

 さらに、「“吸う筋肉”は、胸の上部に集まっている。『胸がすく』『胸がスッキリした』という言葉があるように、実は、ここは情動に関わる脳の部分と密接であることが研究で分かっている。だから、“吸う筋肉”をしっかりストレッチすれば、不安感などの解消も期待できる」(本間教授)。単なるストレッチではないことをぜひ体感して!

首の吸息筋ストレッチ

デスクワーク時に最適!

 下向きは僧帽筋(そうぼうきん)と斜角筋、上向きは胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の吸息筋をストレッチ。「首の筋肉はすべて吸息筋。このストレッチは首こりや肩こりに効果がある」(本間教授)。

[画像のクリックで拡大表示]

肩の吸息筋ストレッチ

肩のこりに悩んだら

 首からつながる吸息筋の僧帽筋を伸ばすと、肩こり対策に。吸いながら肩を上げる際、肩を前に入れて前傾になると、脊柱起立筋までストレッチでき、美姿勢に。

[画像のクリックで拡大表示]


 次回は、胸とお腹・体側の「呼吸筋ストレッチ」を紹介します。


(写真:窪徳健作/図版:三弓素青/モデル:殿柿佳奈)

本間生夫さん
東京有明医療大学 副学長 教授
本間生夫さん 昭和大学名誉教授。医学博士。東京慈恵会医科大学卒業。1986年より昭和大学医学部第二生理学教室教授。専門は呼吸神経生理学。著書に『呼吸を変えるだけで健康になる』(講談社+α新書)など。

(出典:日経ヘルス2013年7月号)