日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 深い呼吸はカラダを変える  > 呼吸法は体の内側を動かし、心を落ち着かせる最高の健康法  > 3ページ
印刷

深い呼吸はカラダを変える

呼吸法は体の内側を動かし、心を落ち着かせる最高の健康法

「腹式」と「胸式」、二つの呼吸法を実践してみよう

「胸式呼吸」も試してみよう!

 腹式呼吸はお腹に意識を向けるが、胸式呼吸は、肋骨と胸の筋肉を動かして胸郭を大きく膨らませることを意識する呼吸法。加齢や運動不足によって、胸や背骨の柔軟性が失われるため猫背になりやすいが、胸式呼吸は「特に猫背を防ぐ」と雨宮院長。腹式呼吸と併せて行おう。

[画像のクリックで拡大表示]


 次回は、胸と背中の「呼吸筋ストレッチ」を紹介します。


(写真:岡﨑健志/図版:トキア企画(今牧良治、野村憲司)/モデル:下枝 愛)

雨宮隆太さん
雪谷大塚クリニック(東京都大田区) 院長
雨宮隆太さん 医学博士。日本呼吸器学会専門医・指導医。40代で「楊名時太極拳」に出合い、帯津良一、長允也両氏に調和道呼吸法の指導を受ける。著書に『はじめての呼吸法』(ベースボール・マガジン社)など。
有田秀穂さん
東邦大学 名誉教授 セロトニンDojo(東京都台東区) 代表
有田秀穂さん 脳生理学者、医師。東京大学医学部卒業。東海大学医学部内科で臨床、筑波大学基礎医学系で脳神経系の基礎研究を行い、東邦大学医学部教授を経て、現職。著書に『医者が教える正しい呼吸法』(かんき出版)など多数。
有吉良志恵さん
コンディショニングトレーナー
陸上競技選手として活躍後、運動指導者としての30年以上の経験を生かして独自のメソッドを確率。現役アスリートから高齢者まで幅広く運動・生活改善アドバイスを行う。著書に『ブレスダイエット 呼吸でやせる!』、『奇跡の呼吸力 ― 心身よみがえるトレーニング』(ちくま新書)など。

(出典:日経ヘルス2013年7月号)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.