日経Gooday TOP  > からだケア  > 深い呼吸はカラダを変える  > 「浅い呼吸」が体の不調に深く関係するワケ  > 2ページ目

深い呼吸はカラダを変える

「浅い呼吸」が体の不調に深く関係するワケ

体の凝り、代謝の低下…7つのチェックで自分の呼吸を確かめよう

「呼吸」には多くの筋肉が関わる

姿勢を支える「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」も影響

 肺が膨らんだり、縮んだりすることで、空気が取り込まれ、二酸化炭素が排出される「呼吸」。その肺の拡張と収縮には、胸郭の下を支えるドーム状の「横隔膜」が大きな役割を担っているが、そのほかに「呼吸筋」と呼ばれる筋肉が働く。「呼吸筋」は、吸うときに使われる「吸息筋」と、吐くときに使われる「呼息筋」に分かれている。そして、姿勢の要となる脊柱起立筋は、吸息筋をサポート。「そのため、呼吸と姿勢は密接」(柿崎教授)。だが、ほかの筋肉同様、呼吸筋も加齢とともに衰えるため、浅い呼吸になりがちだ。

[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.