日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > もしかして五月病?と思ったら  > 「部下が五月病かも」と思ったとき…3つの対処法  > 3ページ
印刷

もしかして五月病?と思ったら

「部下が五月病かも」と思ったとき…3つの対処法

第3回 求められる「適度な距離感」と「軽いアドバイス」

 柳本 操=フリーライター

五月病の部下への接し方【3】「効果的な助言」より、ちょっと離れて相づち

 古い昔から、「今時の若者は…」という言葉は変わらず存在するといわれる。現代の若者は、先で触れたような特徴を有するだけに、デリケートな扱いが求められる。対応も、より冷静に行っていく必要がありそうだ。

 五月病になった部下の話を聞くコツとして、下園さんは、「まずは最初から最後まで、相手の言い分をまず一通り聞いてみる。『そうかそうか、そう思っているんだ』と話を聞くだけでも、カウンセリングの90%の仕事はほぼ終了します。それほど、相手の言い分を聞くことの効果は高いのです」と話す。

 先輩の立場になると、「なにか効果的なアドバイスをしなくては」と気負ってしまいがちだが、実際には軽い助言のほうが良いという。

 具体的には、

 「オレも最初の3~4カ月はかなり悩んだけど、なんとかなったよ」

 と、「なんとかなった」という「結果」を言う。

 さらに、実務的な小さなアドバイスを2~3個伝えたら、最後は

 「あと2~3カ月がんばってみようよ」

 と、短い期間の提案をする。あと1年、などと長めの期間に設定しないことも、相手の負担を軽くするコツになる。

 「この人を絶対に救うぞ、などと気負うと、相手にプレッシャーをかけてしまいます。ちょっと離れて見守るぐらいのスタンスでいることが、自分も共倒れしないために大切なことです。企業社会なのですから、100%面倒をみる必要はないのです。どうしても環境が合わないのであれば、会社を移ったほうが本人のためになることもあるのですから」

 もし、医療機関に受診することになっても、「たまたま1回目でつまづいただけ。今のままでは走れないけれど、治療を受けて治ったら走れるよ」と、相手を責めずに状況を加味した声掛けをすると良いという。

 どんなに強い人でも、五月病になったりうつ病になることはある。調子を崩しても、また立て直していけばいい、という気持ちを職場内で共有していけるといい。

大久保靖司(おおくぼ やすし)さん
東京大学環境安全本部 安全衛生管理部長・産業医
大久保靖司(おおくぼ やすし)さん 産業医科大学医学部卒。産業医として企業の健康管理分野を担当。専門は、衛生学、公衆衛生学、健康科学。長時間勤務者の健康影響評価方法の開発などにも携わる。
下園壮太(しもぞの そうた)さん
メンタルレスキュー・インストラクター
下園壮太(しもぞの そうた)さん 防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。筑波大学で心理学を学ぶ。陸上自衛隊衛生学校メンタルヘルス教官として、衛生科隊員(医師・看護師など)にメンタルヘルス、自殺予防、カウンセリングなどを教育する。惨事ストレスに対応するMR(メンタル・レスキュー)インストラクター。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.