日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > もしかして五月病?と思ったら  > 「自分は五月病かも」そう思ったときの3つのNG  > 3ページ
印刷

もしかして五月病?と思ったら

「自分は五月病かも」そう思ったときの3つのNG

第2回 会社をどうする? 誰に相談? どう気分転換?

 柳本 操=フリーライター

 反対に、「ぜひ試してほしい」と下園さんのお墨付きなのが「3日間集中プログラム」だ。

 何もせずただ眠る、とりあえず寝倒す時間を48時間とる。残りの1日分は、ただ寝て過ごすための準備(食糧の備蓄)と、翌日の出社のための準備や軽いウォーキングなどの体慣らしのために時間を費やす。

[3日間集中プログラムのルール]

  • ただ眠る、目覚めても横になっている。
  • テレビやDVDは見ない。ゲームはしない。本も読まない。
  • パソコンの電源を切る。スマホもマナーモードにするか電源を切る。
  • 前日までにすぐ食べられる食糧を買い込んでおき、一切炊事をしない。
スマホやPCといった刺激から自分を遠ざけ、しっかりと3日間休むと、脳と体を復活させることができるといいます。(©bowie15-123rf)

 この方法を読んで、寝ているだけというのはつらい、スマホを見たくなってしまう、仕事を放ったらかすことに対する罪悪感がある…そう感じるのは当然。しかし、「苦しくても、リセットするための合宿だ、これは苦行だ、と腹をくくって実践しましょう。刺激から自分を遠ざけ、しっかりと3日間休むと、脳と体を復活させることができます」(下園さん)。金曜日に有休をとれば、金・土・日でこのプログラムを実践でき、職場への負担は少なくて済む。また、家族がいる場合は、自分が厳しい状況であることを伝え、理解してもらおう。

 なお、この方法を実践しても気分が復活しない場合は、「観念して病院に行った方がいい。最初は五月病でも、落ち込みが悪化すると次第にうつ状態になり、焦りや自責感、無力感といった症状が強くなります。こうなると、3日間休んでもずっと不安なことを考え続けて眠れなくなる。疲労している状態なので、病院は通うのに便利な近場がいいでしょう。心療内科や精神科であれば、うつ状態そのものへの対処はさほど変わりません」(下園さん)。

 次回は、「部下が、同僚のあの人が五月病かも…」と思ったときの対策を考えてみよう(次回記事は5月15日公開予定)。

大久保靖司(おおくぼ やすし)さん
東京大学環境安全本部 安全衛生管理部長・産業医
大久保靖司(おおくぼ やすし)さん 産業医科大学医学部卒。産業医として企業の健康管理分野を担当。専門は、衛生学、公衆衛生学、健康科学。長時間勤務者の健康影響評価方法の開発などにも携わる。
下園壮太(しもぞの そうた)さん
メンタルレスキュー・インストラクター
下園壮太(しもぞの そうた)さん 防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。筑波大学で心理学を学ぶ。陸上自衛隊衛生学校メンタルヘルス教官として、衛生科隊員(医師・看護師など)にメンタルヘルス、自殺予防、カウンセリングなどを教育する。惨事ストレスに対応するMR(メンタル・レスキュー)インストラクター。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.