日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > もしかして五月病?と思ったら  > 「自分は五月病かも」そう思ったときの3つのNG  > 3ページ目
印刷

もしかして五月病?と思ったら

「自分は五月病かも」そう思ったときの3つのNG

第2回 会社をどうする? 誰に相談? どう気分転換?

 柳本 操=フリーライター

 反対に、「ぜひ試してほしい」と下園さんのお墨付きなのが「3日間集中プログラム」だ。

 何もせずただ眠る、とりあえず寝倒す時間を48時間とる。残りの1日分は、ただ寝て過ごすための準備(食糧の備蓄)と、翌日の出社のための準備や軽いウォーキングなどの体慣らしのために時間を費やす。

[3日間集中プログラムのルール]

  • ただ眠る、目覚めても横になっている。
  • テレビやDVDは見ない。ゲームはしない。本も読まない。
  • パソコンの電源を切る。スマホもマナーモードにするか電源を切る。
  • 前日までにすぐ食べられる食糧を買い込んでおき、一切炊事をしない。
スマホやPCといった刺激から自分を遠ざけ、しっかりと3日間休むと、脳と体を復活させることができるといいます。(©bowie15-123rf)

 この方法を読んで、寝ているだけというのはつらい、スマホを見たくなってしまう、仕事を放ったらかすことに対する罪悪感がある…そう感じるのは当然。しかし、「苦しくても、リセットするための合宿だ、これは苦行だ、と腹をくくって実践しましょう。刺激から自分を遠ざけ、しっかりと3日間休むと、脳と体を復活させることができます」(下園さん)。金曜日に有休をとれば、金・土・日でこのプログラムを実践でき、職場への負担は少なくて済む。また、家族がいる場合は、自分が厳しい状況であることを伝え、理解してもらおう。

 なお、この方法を実践しても気分が復活しない場合は、「観念して病院に行った方がいい。最初は五月病でも、落ち込みが悪化すると次第にうつ状態になり、焦りや自責感、無力感といった症状が強くなります。こうなると、3日間休んでもずっと不安なことを考え続けて眠れなくなる。疲労している状態なので、病院は通うのに便利な近場がいいでしょう。心療内科や精神科であれば、うつ状態そのものへの対処はさほど変わりません」(下園さん)。

 次回は、「部下が、同僚のあの人が五月病かも…」と思ったときの対策を考えてみよう(次回記事は5月15日公開予定)。

大久保靖司(おおくぼ やすし)さん
東京大学環境安全本部 安全衛生管理部長・産業医
大久保靖司(おおくぼ やすし)さん 産業医科大学医学部卒。産業医として企業の健康管理分野を担当。専門は、衛生学、公衆衛生学、健康科学。長時間勤務者の健康影響評価方法の開発などにも携わる。
下園壮太(しもぞの そうた)さん
メンタルレスキュー・インストラクター
下園壮太(しもぞの そうた)さん 防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。筑波大学で心理学を学ぶ。陸上自衛隊衛生学校メンタルヘルス教官として、衛生科隊員(医師・看護師など)にメンタルヘルス、自殺予防、カウンセリングなどを教育する。惨事ストレスに対応するMR(メンタル・レスキュー)インストラクター。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.