日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんに負けない患者力  > 押川勝太郎「治療のつらさは遠慮せずに伝えてほしい」
印刷

がんに負けない患者力

押川勝太郎「治療のつらさは遠慮せずに伝えてほしい」

医師と患者の関係を深める患者勉強会とは?

 押川勝太郎=宮崎善仁会病院 消化器内科・腫瘍内科医師

がんの病状は個人差が大きく、治療法が複数あり、さらに患者一人ひとりの価値観も異なります。がんと診断された直後から、患者は自分の病気を理解し、さまざまな情報を取捨選択する人生が始まります。自身も肺がん患者である日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、後悔しない人生を送るためのヒントを紹介します。

 がん治療が始まると、つらかったり、苦しかったり、いろいろうまくいかないことが出てきます。今回は、消化器内科・腫瘍内科医師であり、宮崎県内のがん患者が集まる宮崎がん患者共同勉強会の理事長も務める押川勝太郎さんに、治療をうまく続けていくためのヒントを聞きました。押川さんは「がん治療には医師と患者が本当に理解しあうことが必要であり、そのためには患者勉強会やセカンドオピニオンを活用することが有効になる」と話します。

「患者同士なら、包み隠さず悩みを打ち明けられる」

押川さんが理事長を務めていらっしゃる患者共同勉強会(以下、共同勉強会)とは、どのような集まりなのですか。

「患者同士なら、包み隠さず悩みを打ち明けられる」と押川さん

押川 がんと診断されると、誰もが面喰います。患者さんは混乱した状態のまま、「治療方針はどうするか」「本当にこの治療でいいのか」「仕事や家庭と両立できるか」など、短時間で多くの難問と向き合わなければなりません。

 がん治療が長期にわたる場合は、小さな不都合や失敗を乗り越えながらも治療を継続していくことが目標になります。共同勉強会は、当初、短い診察時間を補う―患者さんへの情報提供や追加説明のために始めたのですが、今では患者さん同士が励まし合って、互いに教え合うようになってきています。がん治療を続ける“戦友”の集まりといった感じでしょうか。共同勉強会では「主治医に質問したり、うまく要望を伝えたりしたいときはどうしたらいいか」「治療にくじけそうになったときの工夫」「がん治療の盲点」などについて、話をしています。

 患者さんは「がんの治療はきついもの」と思い込んでいるところがあるため、「何かあったら、言ってください」と伝えても、ひどい副作用などについて、主治医に対してはなかなか口に出さない。しかし、患者同士であれば心を許して打ち明けられます。


「伝えてもらわないと、患者さんの苦しみはわからない」

私も以前、治療のつらさはある程度は耐えるしかないと思っていました。今でもよく、患者仲間から、医師にはどこまで自分のつらさを話して良いものか相談を受けます。

押川 特に、抗がん剤治療では、どんなに効果が出ていても、副作用がひどければ、続けることができません。副作用のおよそ8割は吐き気・しびれ・倦怠感・味覚異常など、本人の自覚症状がほとんど。実は、患者さんから言ってもらわないと、医療者にはわからないものなんですね。

 つらさを隠した結果、大事な相談相手である医師とのコミュニケーションがうまく取れなくなると、患者さんにモヤモヤした小さな不満が積み重なってきます。そしてある日、「治療をやめます!」といった形で爆発してしまったりする。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.