日経グッデイ

がんに負けない患者力

押川勝太郎「治療のつらさは遠慮せずに伝えてほしい」

医師と患者の関係を深める患者勉強会とは?

 押川勝太郎=宮崎善仁会病院 消化器内科・腫瘍内科医師

がんの病状は個人差が大きく、治療法が複数あり、さらに患者一人ひとりの価値観も異なります。がんと診断された直後から、患者は自分の病気を理解し、さまざまな情報を取捨選択する人生が始まります。自身も肺がん患者である日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、後悔しない人生を送るためのヒントを紹介します。

 がん治療が始まると、つらかったり、苦しかったり、いろいろうまくいかないことが出てきます。今回は、消化器内科・腫瘍内科医師であり、宮崎県内のがん患者が集まる宮崎がん患者共同勉強会の理事長も務める押川勝太郎さんに、治療をうまく続けていくためのヒントを聞きました。押川さんは「がん治療には医師と患者が本当に理解しあうことが必要であり、そのためには患者勉強会やセカンドオピニオンを活用することが有効になる」と話します。

「患者同士なら、包み隠さず悩みを打ち明けられる」

押川さんが理事長を務めていらっしゃる患者共同勉強会(以下、共同勉強会)とは、どのような集まりなのですか。

「患者同士なら、包み隠さず悩みを打ち明けられる」と押川さん

押川 がんと診断されると、誰もが面喰います。患者さんは混乱した状態のまま、「治療方針はどうするか」「本当にこの治療でいいのか」「仕事や家庭と両立できるか」など、短時間で多くの難問と向き合わなければなりません。

 がん治療が長期にわたる場合は、小さな不都合や失敗を乗り越えながらも治療を継続していくことが目標になります。共同勉強会は、当初、短い診察時間を補う―患者さんへの情報提供や追加説明のために始めたのですが、今では患者さん同士が励まし合って、互いに教え合うようになってきています。がん治療を続ける“戦友”の集まりといった感じでしょうか。共同勉強会では「主治医に質問したり、うまく要望を伝えたりしたいときはどうしたらいいか」「治療にくじけそうになったときの工夫」「がん治療の盲点」などについて、話をしています。

 患者さんは「がんの治療はきついもの」と思い込んでいるところがあるため、「何かあったら、言ってください」と伝えても、ひどい副作用などについて、主治医に対してはなかなか口に出さない。しかし、患者同士であれば心を許して打ち明けられます。


「伝えてもらわないと、患者さんの苦しみはわからない」

私も以前、治療のつらさはある程度は耐えるしかないと思っていました。今でもよく、患者仲間から、医師にはどこまで自分のつらさを話して良いものか相談を受けます。

押川 特に、抗がん剤治療では、どんなに効果が出ていても、副作用がひどければ、続けることができません。副作用のおよそ8割は吐き気・しびれ・倦怠感・味覚異常など、本人の自覚症状がほとんど。実は、患者さんから言ってもらわないと、医療者にはわからないものなんですね。

 つらさを隠した結果、大事な相談相手である医師とのコミュニケーションがうまく取れなくなると、患者さんにモヤモヤした小さな不満が積み重なってきます。そしてある日、「治療をやめます!」といった形で爆発してしまったりする。

医師には、患者のつらさはなかなか伝わらないものなのでしょうか。

「伝えてもらわないと、患者さんの苦しみはわからない」と押川さん

押川 実は、医療者は「問題があれば、患者さんは言ってくれるはず」と思い込んでいます。一方、患者さんは「医療者は患者の痛みも苦しみもわかってくれているはず」という幻想を抱いています。お互いの状況が想像しきれていないんですよね。

 そのせいで、医師の気付かないうちに病状が悪化してしまうことがあります。例えば、これは共同勉強会で受けた相談事例なのですが、大腸がんでイリノテカンという抗がん剤治療を受けていた他院の患者さんがいました。この治療では、腹痛を伴うひどい下痢が起こりやすく、患者さんも悩まされていましたが、2週に1度の外来でそのことを言わなかったため、医師は薬の処方量を減らさずに治療を続行しました。その結果、患者さんはついに我慢できなくなり、緊急入院になってしまいました。

 医師の立場から言えば、外来だけで患者さんの状態を知ることには限界があります。血液検査や画像検査よりも患者さん自身の自覚症状の変化の方が有用であることが少なくありません。治療中の副作用や要望、悩みは我慢せず、医師や看護師などに相談しないと、治療に大きな影響がおよび、ときには治療が中止になってしまうことを知っておく必要があります。

「がん治療においては、我慢は美徳ではない」

それでは、医師も患者も不幸になりますね。

「がん治療は医師と患者さんの協働作業で進めていくもの」と押川さん

押川 例えば、抗がん剤の中には、ひどい悪心や嘔吐が現れるものがあります。1度その吐き気を経験すると、再び同じ治療が始まる前から嘔吐の記憶がよみがえり、恐れから吐き気が抑えられなくなってしまうことがあります。これは医学用語で「予測性嘔吐」と呼ばれていて、目の前に梅干しがないのに、思い出しただけでつばが出てしまう条件反射と同じです。

 今では、吐き気が現れる前に薬を使ってそれを抑えるといった治療法も広まってきています。つらさを伝えてくれていれば、そうした対応もできるのです。特にがん治療においては、我慢すること、つらい気持ちを抑えてしまうことは美徳ではありません。

 普段から、あれこれ言って来られる患者さんのほうがかえって早く軌道修正できるため、こちらも助かります。そういった意味でも、診察室では聞けない患者さんの“本音”が聞ける共同勉強会は、医師にとっても非常に有用な場所なのです。

「がん治療は医師と患者さんの協働作業で進めていくもの」

治療中の医師とのコミュニケーションがいかに大切か、ということについては、私も痛感しています。

押川 これまでは、科学的根拠に基づいて医師が治療方針を決めてきました。が、いまは患者さんから「自分にとって、何が一番重要か」「優先したいことは何か」を医師に伝えたうえで、治療の継続のために協働していかなければなりません。医師と患者さんが一緒になって、治療法を選択したり、従来のやり方が継続困難な状況に陥った時に方向転換をすることがそれに当たります。

 患者さん自身がその治療に価値を見出して、意欲を保てるか否かが、治療を継続させる上でカギとなるからです。このことは「VBM(=Value Based Medicine:患者の価値に基づく医療)」という新しい言葉で表現されるようにもなりました。

 このような協働作業によって、医師と患者さんの関係性が良くなり、お互いの思い違いを減らすことが、ベストな治療につながります。

 がん治療は医師と患者さんの協働作業で進めていくものですが、そのためのコミュニケーションには時間がかかるものです。医師と患者の間には、有している専門知識に関して大きな差がありますが、さらに、両者にそれぞれ違った思い込みがあったり、誤解していることがあったりすると、なかなか、うまくいきません。

 共同勉強会では、そのような溝を埋めるための知識や情報を伝えて、医師と患者間のコミュニケーションをサポートしています。

「『明るすぎてちょっとイメージが違う』と言われることも」

私も先日、共同勉強会に参加させてもらいましたが、病状が厳しい方でも元気で明るく笑っていらしたことが印象的でした。

「共同勉強会に参加させてもらいましたが、病状が厳しい方でも元気で明るく笑っていらしたことが印象的でした」と山岡氏

押川 初めて参加された方から「明るすぎて、思っていたのよりちょっとイメージが違う」とよく言われます。終末期の患者さんも、車椅子の患者さんも、仲間に会いたくていらっしゃいます。毎回20~30人程度集まり、累計では300人ぐらい参加されました。参加者は制限していません。看護師、薬剤師、心理士などのほかに、がん患者さんではないけれど、興味がある方も時々参加しています。

 共同勉強会から派生して、患者さんが自主的に遊ぶ集まりも開いています。会に来なくなった方を悲しむようなことはせず、みんな、明日に向かって楽しんでいます。患者さんががんになったことを忘れるほど、元気な時間をできるだけ多く作るようにしています。

(写真:清水真帆呂)

押川さんは、患者さんも医師も、がん治療中に起こるお互いの状況が想像しきれていない現状を踏まえ、「双方のコミュニケーションが大切」と話します。共同勉強会がそういった溝を埋める役割を果たしているそうです。次回は、共同勉強会でも好評の、「がんになっても前向きに生きるための押川流7つの習慣」について話を聞きます。

押川勝太郎(おしかわ しょうたろう)さん
宮崎善仁会病院 消化器内科・腫瘍内科医師
押川勝太郎(おしかわ しょうたろう)さん 1995年宮崎医科大学(現、宮崎大学)医学部卒。同年、同大第一内科入局。国立がん研究センター東病院内視鏡部、宮崎大学第一内科、県立宮崎延岡病院を経て、2012年から現職。専門分野は消化器内科、腫瘍内科、緩和ケア、固型がん(食道・胃・大腸・膵・胆道・軟部腫瘍・原発不明がん等)の化学療法 、日本内科学会認定内科医。
聞き手:山岡鉄也
日経BP 広告局プロデューサー
2010年、肺がん(ステージIV)と診断される。入院や通院での治療の後、復職。2012年4月より国立がん研究センターの患者・市民パネルメンバー。自らの経験を生かして、がんと就労が両立できる社会を目指して、「がんと共に生きる」「がんと共に働く」をスローガンにその環境整備をライフワークにしている。
インタビューまとめ:福原麻希
医療ジャーナリスト
新聞・雑誌・書籍などで医療や健康、介護分野の記事を多数執筆。著書『がん闘病とコメディカル』(講談社、2007年)『チーム医療を成功させる10カ条 ―現場に学ぶチームメンバーの心得』(中山書店、2013年)などがある。