日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんに負けない患者力  > 押川勝太郎「治療のつらさは遠慮せずに伝えてほしい」  > 3ページ目
印刷

がんに負けない患者力

押川勝太郎「治療のつらさは遠慮せずに伝えてほしい」

医師と患者の関係を深める患者勉強会とは?

 押川勝太郎=宮崎善仁会病院 消化器内科・腫瘍内科医師

「がん治療は医師と患者さんの協働作業で進めていくもの」

治療中の医師とのコミュニケーションがいかに大切か、ということについては、私も痛感しています。

押川 これまでは、科学的根拠に基づいて医師が治療方針を決めてきました。が、いまは患者さんから「自分にとって、何が一番重要か」「優先したいことは何か」を医師に伝えたうえで、治療の継続のために協働していかなければなりません。医師と患者さんが一緒になって、治療法を選択したり、従来のやり方が継続困難な状況に陥った時に方向転換をすることがそれに当たります。

 患者さん自身がその治療に価値を見出して、意欲を保てるか否かが、治療を継続させる上でカギとなるからです。このことは「VBM(=Value Based Medicine:患者の価値に基づく医療)」という新しい言葉で表現されるようにもなりました。

 このような協働作業によって、医師と患者さんの関係性が良くなり、お互いの思い違いを減らすことが、ベストな治療につながります。

 がん治療は医師と患者さんの協働作業で進めていくものですが、そのためのコミュニケーションには時間がかかるものです。医師と患者の間には、有している専門知識に関して大きな差がありますが、さらに、両者にそれぞれ違った思い込みがあったり、誤解していることがあったりすると、なかなか、うまくいきません。

 共同勉強会では、そのような溝を埋めるための知識や情報を伝えて、医師と患者間のコミュニケーションをサポートしています。

「『明るすぎてちょっとイメージが違う』と言われることも」

私も先日、共同勉強会に参加させてもらいましたが、病状が厳しい方でも元気で明るく笑っていらしたことが印象的でした。

「共同勉強会に参加させてもらいましたが、病状が厳しい方でも元気で明るく笑っていらしたことが印象的でした」と山岡氏

押川 初めて参加された方から「明るすぎて、思っていたのよりちょっとイメージが違う」とよく言われます。終末期の患者さんも、車椅子の患者さんも、仲間に会いたくていらっしゃいます。毎回20~30人程度集まり、累計では300人ぐらい参加されました。参加者は制限していません。看護師、薬剤師、心理士などのほかに、がん患者さんではないけれど、興味がある方も時々参加しています。

 共同勉強会から派生して、患者さんが自主的に遊ぶ集まりも開いています。会に来なくなった方を悲しむようなことはせず、みんな、明日に向かって楽しんでいます。患者さんががんになったことを忘れるほど、元気な時間をできるだけ多く作るようにしています。

(写真:清水真帆呂)

押川さんは、患者さんも医師も、がん治療中に起こるお互いの状況が想像しきれていない現状を踏まえ、「双方のコミュニケーションが大切」と話します。共同勉強会がそういった溝を埋める役割を果たしているそうです。次回は、共同勉強会でも好評の、「がんになっても前向きに生きるための押川流7つの習慣」について話を聞きます。

押川勝太郎(おしかわ しょうたろう)さん
宮崎善仁会病院 消化器内科・腫瘍内科医師
押川勝太郎(おしかわ しょうたろう)さん 1995年宮崎医科大学(現、宮崎大学)医学部卒。同年、同大第一内科入局。国立がん研究センター東病院内視鏡部、宮崎大学第一内科、県立宮崎延岡病院を経て、2012年から現職。専門分野は消化器内科、腫瘍内科、緩和ケア、固型がん(食道・胃・大腸・膵・胆道・軟部腫瘍・原発不明がん等)の化学療法 、日本内科学会認定内科医。
聞き手:山岡鉄也
日経BP 広告局プロデューサー
2010年、肺がん(ステージIV)と診断される。入院や通院での治療の後、復職。2012年4月より国立がん研究センターの患者・市民パネルメンバー。自らの経験を生かして、がんと就労が両立できる社会を目指して、「がんと共に生きる」「がんと共に働く」をスローガンにその環境整備をライフワークにしている。
インタビューまとめ:福原麻希
医療ジャーナリスト
新聞・雑誌・書籍などで医療や健康、介護分野の記事を多数執筆。著書『がん闘病とコメディカル』(講談社、2007年)『チーム医療を成功させる10カ条 ―現場に学ぶチームメンバーの心得』(中山書店、2013年)などがある。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.