日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんに負けない患者力  > 林和彦「緩和ケアとは、がんであることを忘れられる時間をつくること」  > 3ページ目
印刷

がんに負けない患者力

林和彦「緩和ケアとは、がんであることを忘れられる時間をつくること」

がんについてネット検索する時間があれば、家族は患者と過ごしてほしい

 林 和彦=東京女子医科大学 がんセンター長

「患者さんが満足するなら最先端の治療でなくてもいい」

自宅で家族と過ごすためには、「在宅医療」という方法もありますね。国全体が在宅医療を進める方向に動いています。

林 和彦さん/「患者さんが満足するなら最先端の治療でなくてもいい」

 在宅医療とは、住み慣れた自宅や地域の高齢者住宅などで訪問医や訪問看護師から医療を受けることで、患者さんが治療を続けるための選択肢の1つです。ただ、「自宅で過ごしたい」という患者さんに対して、その生活を支えられる家族がいなければ双方に負担がのしかかるだけです。なので、私は、何がなんでも「在宅に…」とお薦めはしていません。オプションと位置付けています。

 医療は究極のサービス業だと私は思います。患者さんとその家族が満足すれば、必ずしも、病院で実施する最先端の治療でなくてもいいのです。つまり、クライアントが満足しなければ、いくら世界一の医療を提供しても意味がありません。医療の本質は苦しんでいる人を救うこと、一番誠実な方法で患者さんに報うことだと思っています。がんを治療する医師として、特に緩和ケアに携わることは、私の天職だと思っています。


「自分はずっと不誠実な外科医でした」

林さんは、緩和ケアに携わる前は、外科医として多くの食道がん手術をこなしていたと聞いています。そもそも、医師としてがんに向き合おうと思ったきっかけを教えてください。

 子供の頃から、医師を志していましたが、中学時代に父を胃がんで亡くしたことで、「将来、外科医になってがんを治したい」と思うようになったのです。日本で一番厳しく、レベルの高い病院(東京女子医科大学病院)の消化器外科に入局し、食道がんのグループに割り振られました。

でも現在は、抗がん剤治療や緩和ケアを専門としておられます。どうして、専門を変えたのでしょうか?

 医師になったばかりの1年目、自宅に帰れたのは5日間だけ、10年目になっても、週1日しか帰れなかったことを思い出します。この時期、食道がんの内視鏡治療では日本で1番、2番と言えるほどの症例数をこなしていました。

 仕事が忙しいだけでなく、先輩の指導が本当に厳しくて、寝ても覚めても、手術を成功させることばかり考えていたほどです。

 でも、実は、私はずっと不誠実な外科医でした。

どういうことですか?

林 和彦さん/「自分はずっと不誠実な外科医でした」

 手術が無事に終わっても、再発して亡くなっていく患者さんが後を絶たず、さらに、当時、“天才外科医”と呼ばれていた先輩医師が手術に生涯をかけても、すべての患者さんをメスで救うことはできませんでした。

 もし、手術方法に改善の余地があって、治療成績が変わるのであれば、食道がんを治したい一心で、さらに尽力したことでしょう。でも、厳しい現実を前に無力感で一杯になり、「この患者さんは治らないだろう」と思いながら、手術をしていました。

 一方、同僚は「あの医師はこんな難しい手術を成功させたらしい」と外科医の手先の器用さについて、朝から晩まで話をしていました。それでも、患者さんは亡くなっていきます。そのギャップを“消化”できなくなり、外科医という仕事に、一生を捧げる気持ちになれなくなったのです。

 やがて、抗がん剤治療や遺伝子の研究、緩和ケアに関心を持つようになり、アメリカ留学をきっかけに本格的に緩和ケアを勉強しました。いまでは、抗がん剤治療と緩和ケアが私の専門分野。一生を捧げて、取り組んでいきます。

(写真:清水真帆呂)


次ページ
対談を終えて

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.