日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんに負けない患者力  > 林和彦「がんに名医はいない。でも良医はいる」  > 4ページ目
印刷

がんに負けない患者力

林和彦「がんに名医はいない。でも良医はいる」

ガイドラインが普及した今どきの病院選び、医師選び

 林 和彦=東京女子医科大学 がんセンター長

「診察時はプロブレム・リストを持ってくるといい」

そんな医師と、どうしたら出会えるでしょうか。

東京女子医大/林和彦先生

 もし、主治医を変更しないなら、その医師と信頼できるコミュニケーションをしていくためにもっとも有効なことは、患者さんからの「信頼感の提示」だと思います。

 自分をとことん信じてくれる患者に無関心な医者はいません。医者だって人間ですから、「そこまで自分を信頼してくれるなら、できるだけのことはしよう!」と考えるからです。

それでは、患者は医師に何をどうやって伝えればいいのでしょうか。診察の前に準備できることはありますか?

 医師は問診で「この患者さんが抱えている問題は何か」を探していきます。そのとき、患者さんが自分なりの「プロブレム(問題点)・リスト」を作ってきてもらえれば、わかりやすいですね。

 症状やつらいこと、不安や悩みなど。それらに優先順位もつけてくれると、「これがあなたにとって、一番重要なんだね」と効率的にやりとりできるようになります。患者さんが遠慮せず、医師に打ち明けた結果、それに応えてくれる医師こそが、患者さんにとっての良医だと思います。

 もし、診断やその医師の治療法に疑問を持ったら、セカンドオピニオンを求めてもいいですね。セカンドオピニオンを求めるときは、新しい治療を探すだけでなく、「新しい医師に会いに行く」ということも意識するといいですよ。

(写真:清水真帆呂)

病院選びについて、林さんは「ある程度、診療実績のある病院であれば、治療法もレベルもほぼ同じ。自分にとっての『良医』を探そう」と提案します。良医とは、「信頼して心を開いて相談できるか」「長く付き合っていけるか」といった人格のほか、患者さんの生活や人生観に見合った治療や療養を選ぶ手助けができる医師のことだと林さんは言います。

次回(「緩和ケアとは、がんであることを忘れられる時間をつくること」)は、「家族が患者になったとき、どんなことができるか」「緩和ケアはどんな治療法で、どうして必要か」というテーマについて、林さんとともに考えていきましょう。

林 和彦(はやし かずひこ)さん
東京女子医科大学 がんセンター長
林 和彦(はやし かずひこ)さん 1986年千葉大学医学部卒、東京女子医科大学消化器外科入局。94年米国南カルフォルニア大学留学、96年にはAmerican Society of Clinical Oncology(ASCO) Merit Award受賞。2010年同大学化学療法・緩和ケア科教授、14年から現職 。日本外科学会認定登録医、日本消化器外科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会指導医、がん薬物療法専門医、日本緩和医療学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構 暫定教育医・認定医など。
聞き手:山岡鉄也
日経BP 広告局プロデューサー
2010年、肺がん(ステージIV)と診断される。入院や通院での治療の後、復職。2012年4月より国立がん研究センターの患者・市民パネルメンバー。自らの経験を生かして、がんと就労が両立できる社会を目指して、「がんと共に生きる」「がんと共に働く」をスローガンにその環境整備をライフワークにしている。
インタビューまとめ:福原麻希
医療ジャーナリスト
新聞・雑誌・書籍などで医療や健康、介護分野の記事を多数執筆。著書『がん闘病とコメディカル』(講談社、2007年)『チーム医療を成功させる10カ条 ―現場に学ぶチームメンバーの心得』(中山書店、2013年)などがある。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.