日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんに負けない患者力  > 林和彦「がんに名医はいない。でも良医はいる」  > 2ページ目
印刷

がんに負けない患者力

林和彦「がんに名医はいない。でも良医はいる」

ガイドラインが普及した今どきの病院選び、医師選び

 林 和彦=東京女子医科大学 がんセンター長

「そもそもブラックジャックのような“名医”はいません」

なるほど。どのがん診療連携拠点病院でも治療のレベルが同じだとしたら、何を指標に病院を選べば良いのでしょう?

東京女子医大/林和彦先生

 「この人なら自分の体を任せられる」と思える医師がいることが大切だと思います。ガイドラインの普及によってがん医療は均てん化されたので、差が出てくるのは、医師個人の人となりやコミュニケーションスキルです。要するに、「人間として信頼できるか」。自分にとってベストの先生が見つかれば、それが一番です。

 特に、マスコミは特定の医師を名医に仕立て上げることが好きですが、そもそも、「名医」なんていませんよ。「どんな病気も治してしまう、ブラックジャック(*3)のような医療技術的にも人格的にも優れた、神様のような医師と出会うこと」、これこそ、“医療を受ける理想の姿”だと思いがちですが、外科医としてがん治療に携わってきた私からすると、どんなに研鑽してもそんな名医には到底なれません。

 でも「良医」にはなれると思います。そして、良医は全国にたくさんいます。

*3 ブラックジャックとは、手塚治虫の漫画作品の主人公である、無免許の天才外科医のニックネーム。神業的な技術でどんな難手術も成功させる。

「『私に任せなさい』は良医とはいえない」

林先生にとって「良医」とはどんな医師ですか?

東京女子医大/林和彦先生

 「良医」には、必要不可欠な要素が2点あると思います。

 まず、友達を選ぶのと同じで、「人として、どこまで信頼できるか」。「この人に、自分の命を預けられる」と素直に感じられるかどうか、が重要です。

 もう一つは、患者さんによって異なる、優先順位や価値観をくみ取り、マネジメントできることです。

 例えば、「1日も長く生きることを優先したい」と答える人もいれば、「毎日、自分らしい生活ができること」「お金がかからないこと」「治療の場所が変わらないこと」と言う人もいます。そんな患者の希望を聞き、情報や知識、解決策を提示できる力を持っていることが大切だと思います。

 これらの2点を満たす医師が「良医」と呼べると私は思います。

 技量に圧倒的な差があった時代は、医師の人格のほか、患者さんのニーズや価値観に対するマネジメント力は、治療の良し悪しと関係ないとされてきましたが、今はそうした要素がとても大事になってきています。

 あと、力関係でいえば、医師は知識や経験が豊富なため、患者さんと比べたら圧倒的に強い。そこを見越して、「私の言う通りにすればいい」「私に任せなさい」という医師は、そもそも患者さんの話に耳を傾ける意思が感じられないので、避けた方がいいと思います。

 また、テレビへの出演、本の上梓、講演や学会での登壇…このようなことばかりに興味を持っている医師も「良医」とは言えません。マネジメントに必要な知識を増やしたり、技術を磨いたりする時間が足りませんからね。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.