日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんに負けない患者力  > 田部井淳子「山での遭難に比べたら、がんの治療の方が恵まれている」  > 3ページ目
印刷

がんに負けない患者力

田部井淳子「山での遭難に比べたら、がんの治療の方が恵まれている」

登山で培った、困難を受け止める力

 田部井淳子=登山家

「山での遭難に比べたら、ベッドの上でがんの最先端の医療を受けられることの方が恵まれている」

私は、今はがんになった現状を「仕方ない」と思えるようになりましたが、これまで相当、葛藤があったり、結構つらい気持ちを抱えたりしていました。

田部井淳子さん

田部井 私も入院した当日は、ベッドで白い天井を見ながら、「やっぱりホントなんだな」「明日の朝起きたら、何でもなかったということになったらいいな」と一度だけ、思いました。でも、「これは現実。受け止めないと、前に進んで行けない」とすぐに考え直しましたね。

 30代、40代のとき、山で「あぁ、これで終わり」「もう死ぬんだ」と思ったことが、3回ありました。雪崩と一緒に落ちたり、雪崩の下敷きになったり…。もう、にっちもさっちもいかない。雪崩と一緒に落ちたときは、何とかしなくてはと思いながらも、自分の力では何もできなかった。雪崩の下敷きになったときは、雪で鼻も口も塞がれて、全然、息ができませんでした。

 酸欠になって目の前が黄色くなったり、紫色になったりしながら、頭のなかでいろいろなことを思いめぐらせて。最後の1000分の1秒までがんばらなくてはいけないと思っても、苦しくて苦しくて…。

 あの恐怖は、もう絶対に味わいたくないものです。

 そのときのことに比べたら、清潔なベッドの上で横になり、医師が何人もいて、最先端の治療を受けられる。病気になっても、「あぁ、文句を言ってはいけない」と思いました。

「いつかは死ぬ。その時は『あぁ、面白かった』って思いたい」

田部井さんはがんになる前に、死を意識するような壁を何度も乗り越えたことで、困難を受け止める心の受け皿ができていたということですね。それは、病気でなくても他のことでも同じ。「どう困難を乗り越えればいいか」という人生観につながりますね。

山岡鉄也

田部井 私は登山を始めてから、山で遭難して亡くなっている人のご遺体を何度も見ました。初めはショックを受けていましたが、いつしか自分自身も土に帰るんだと自然と思うようになりました。であれば、自分が死ぬ瞬間は、「あぁ、おもしろかった!」と死んでいけるようにしたい。

 「これをしたかった」「あれをやりたかった」「子どもが小さいからできなかった」という愚痴や後悔でなく、そのときそのときを一生懸命にこなしつつ、自分のやりたいことを続けていくのが私の理想です。「もし、雪崩に遭って、あのとき死んでいたら、今、“頭が痛い”“肩が凝った”なんてことはないんだな」「これぞ、生きている証拠。死んだら、こんなことは考えない」と思うと、ちょっとした不満や不調への愚痴は出てこなくなります。

 むしろ、「今日も生かされている」と感謝の気持ちが出てくるようになりました。がんを経験して、なおさらそう感じるようになりました。朝起きて、今日も生きられることに「ありがとうございます」と感謝するんですよ。

 こういう気持ちで過ごしているから、今を大切にしないと。夫や子どもたちを見送るときは、いつも「これが最後になるかもしれない」という気持ちで「いってらっしゃい」と言っています。そう思えば、怒りにまかせて、口をきかなくなったり、電話をガチャンと切るなんてできません。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.