日経グッデイ

話題の「機能性表示食品」ってなに?

トクホよりも表現自由度が高い機能性表示食品

第2回 どんな食品で、どんな表示が可能になるの?

 村山真由美、川崎敦子=フリーエディター・ライター

この4月に新たに登場した「機能性表示食品」の素朴な疑問を、Q&A形式で簡潔に紹介する本特集。第1回に引き続き、第2回は、実際に機能性表示食品が市場に出回り始めた際に、どんな表示がされるのかを具体的に見ていこう。

Q4 機能性表示食品は具体的にはどういう表示になるの?

 栄養機能食品は、体への栄養機能がすでに明らかになっている成分(ビタミン、ミネラルなど)を含む食品なので、どこにどのような働きがあるかを表示することができるが、トクホの場合、体の部位を表示することは原則として認められていなかった。 しかし、機能性表示食品では体の部位に言及することができる。

 また、トクホではその食品を食べた人に有効性があったかどうかの客観的な評価(血液検査のデータなど)がなければ審査を受けることができなかったが、機能性表示食品では、食べた人の主観的な評価をスコア化した研究結果も科学的根拠として認められる。そのため、「疲れ」「睡眠」「ストレス」などに関する表示も出てくるものと考えられる。

    保健機能食品の表示の例

    栄養機能食品

  • カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です
  • ナイアシンは皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です
  • 特定保健用食品(トクホ)

  • 糖の吸収を穏やかにするので、血糖が気になる人に適する。
  • 体脂肪を消費しやすくする。
  • 健全な骨の健康を維持し、歳をとってからの骨粗鬆症のリスクを低減するかもしれない。
  • 機能性表示食品

  • ストレスをやわらげると期待できる◯◯が含まれる。
  • 目の疲れをやわらげる◯◯が含まれる食品です。
  • 睡眠をサポートするという報告がある◯◯が含まれています。
  • 肌の水分量維持に役立つ◯◯を使った食品です。

(『日経ヘルス』2015年5月号 P.111より抜粋)

 トクホよりも自由に機能性を表示できる機能性表示食品だが、表示の対象になる成分や機能性の表示の仕方には、それぞれ決まりがある(Q5、Q6参照)。また、機能性表示食品は薬ではないので、治療効果や予防効果があるかのような表現や、肉体改造、増毛、美白といった言葉を表示することは禁じられている。

 パッケージには機能性表示食品であることや届出番号、機能性の内容、1日の摂取量や摂取方法などが表示される。

機能性表示食品の表示例
消費者庁「消費者の皆様へ『機能性表示食品』って何?」を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]
コラム◆表示をよ~く見れば機能性の評価の方法の違いがわかる!

表示のコピーをよくみると、どのような科学的根拠をもとにした食品かがわかる。

  • 「最終製品を用いた臨床試験」により科学的根拠が示されている場合
  •  →「〇〇の機能があります」のように表示される。

  • 「研究レビュー」により科学的根拠が示されている場合
  •  →「〇〇の機能があると報告されています」のように表示される。

 「最終製品を用いた臨床試験」とは、機能性関与成分を含んだ製品を実際に食べて効果をみる試験だ。一方、「研究レビュー」とは、企業が直接臨床試験を行わなくてもいい方法で、「最終製品を用いた臨床試験」もしくは、機能性関与成分に関する既存の論文を集めて分析し、機能性があるかどうかを総合的に判断するものだ。
 このように、機能性の科学的根拠を示す手法によって表現を変えることが基本とされている。

Q5 機能性表示の対象になりそうな成分にはどんなものがある?

 表示できるのは、効能をもつ成分物質が検出でき、その成分の量が確認できて、効果を発揮する仕組みが明確な成分だ。成分を特定できないものはもちろん表示できない。

 食事摂取基準に定められた栄養素は表示できないが、タンパク質、n-6系脂肪酸、n-3系脂肪酸、食物繊維、ビタミンAの5つの栄養素に含まれる成分の中に、機能性関与成分として表示の対象となりうるものがある。たとえば、アミノ酸やペプチド、α-リノレン酸、EPA、DHA、難消化デキストリンなどがそうだ。

 4月1日以降に届け出があった食品のリストが、消費者庁ホームページで公開され始めている。そのなかから、機能性関与成分と、表示しようとする機能性の一部を紹介しよう。

  • ラクトフェリン:内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つ
  • 難消化デキストリン:食後の血中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにする
  • ヒアルロン酸Na:肌の潤いに役立つ
  • モノグルコシルヘスペリジン:中性脂肪が高めの方の健康に役立つ
  • キトグルカン(エノキタケ抽出物):体脂肪を減少させる

Q6 例えばどんな食品が機能性表示食品になる?

みかんや緑茶にも機能性表示?(©contrail -123rf)

 対象になるのはいわゆる健康食品、その他の加工食品、生鮮品で、 アルコールを含む飲料以外の食品全般だ。ただし、トクホや栄養機能食品と重複して表示することはできない。

 また、とりすぎると健康状態に影響を与える栄養素(脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類、ナトリウム)の過剰摂取につながるものも、表示の対象にならない。

 これまで表示が認められていなかった健康食品のメーカーは表示に意欲をみせ、すでにノンアルコール飲料、お茶、サプリメントなどの食品が届け出られている。

 生鮮品については、温州ミカン(関与成分はβ-クリプトキサンチン:骨の健康を保つなど)、玉ねぎ(同ケルセチン:血糖値低下など)、寒締めホウレンソウ(同ルテイン:目の健康維持)なども表示が検討されているようだ。

 次回(2015年4月27日に記事公開予定)は、機能性表示食品の安全性や注意点をご紹介する。

■参考資料
消費者庁「機能性表示食品の届出等に関するガイドライン」
消費者庁「消費者の皆様へ『機能性表示食品』って何?」
消費者庁「機能性表示食品届出一覧」
農林水産省「『農産物の有する機能性やその関与成分に関する知見の収集・評価』の結果報告について」
日経BP社「日経ヘルス」2015年5月号
日経BP社『日経TRENDY』 2015年5月号
日本経済新聞 2015年4月2日、4月14日、4月17日付
毎日新聞 2015年4月1日付