日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 話題の「機能性表示食品」ってなに?  > トクホよりも表現自由度が高い機能性表示食品  > 3ページ
印刷

話題の「機能性表示食品」ってなに?

トクホよりも表現自由度が高い機能性表示食品

第2回 どんな食品で、どんな表示が可能になるの?

 村山真由美、川崎敦子=フリーエディター・ライター

Q6 例えばどんな食品が機能性表示食品になる?

みかんや緑茶にも機能性表示?(©contrail -123rf)

 対象になるのはいわゆる健康食品、その他の加工食品、生鮮品で、 アルコールを含む飲料以外の食品全般だ。ただし、トクホや栄養機能食品と重複して表示することはできない。

 また、とりすぎると健康状態に影響を与える栄養素(脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類、ナトリウム)の過剰摂取につながるものも、表示の対象にならない。

 これまで表示が認められていなかった健康食品のメーカーは表示に意欲をみせ、すでにノンアルコール飲料、お茶、サプリメントなどの食品が届け出られている。

 生鮮品については、温州ミカン(関与成分はβ-クリプトキサンチン:骨の健康を保つなど)、玉ねぎ(同ケルセチン:血糖値低下など)、寒締めホウレンソウ(同ルテイン:目の健康維持)なども表示が検討されているようだ。

 次回(2015年4月27日に記事公開予定)は、機能性表示食品の安全性や注意点をご紹介する。

■参考資料
消費者庁「機能性表示食品の届出等に関するガイドライン」
消費者庁「消費者の皆様へ『機能性表示食品』って何?」
消費者庁「機能性表示食品届出一覧」
農林水産省「『農産物の有する機能性やその関与成分に関する知見の収集・評価』の結果報告について」
日経BP社「日経ヘルス」2015年5月号
日経BP社『日経TRENDY』 2015年5月号
日本経済新聞 2015年4月2日、4月14日、4月17日付
毎日新聞 2015年4月1日付

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」NEW

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.