日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 話題の「機能性表示食品」ってなに?  > 機能性表示食品の登場であなたの買い物かごの中身が変わるかも  > 2ページ目
印刷

話題の「機能性表示食品」ってなに?

機能性表示食品の登場であなたの買い物かごの中身が変わるかも

第1回 トクホもあるのに機能性表示食品が生まれたワケ

 村山真由美、川崎敦子=フリーエディター・ライター

Q2 トクホや栄養機能食品とはどこがどう違うの?

 これまでも、食品のなかで例外的に機能性の表示が許可されていたものがある。それは、「栄養機能食品」と「特定保健用食品(トクホ)」だ。機能性表示食品はこの2つに次ぐ第3のジャンルとなる。

 栄養機能食品は、すでに機能性や安全性などの科学的根拠が確認されているビタミン、ミネラルなどを含む食品で、国が規定する量を含んでいれば、特に届け出をしなくても機能性を表示できる。

 一方、トクホは健康の維持増進に役立つ特定の成分(例えばオリゴ糖など)を含む食品だ。企業が臨床試験を行って効果や安全性の科学的根拠を国に申請し、審査をクリアすれば国から表示が許可される。だが、審査の基準は厳しく、臨床試験に多大なコストがかかるため、表示を許可されている食品は1147品目にとどまっている(2015年4月2日現在、日本健康・栄養食品協会ホームページによる)。

 今回導入された機能性表示食品は、従来のトクホのハードルを大きく下げたものといえる。企業は、科学的根拠を含めた必要事項(関連する論文など)を国に届け出れば、審査なしに機能性を表示できる(臨床試験の実施は必須ではない)。しかも、表示の自由度は高い。あくまでも企業の責任において自主的に表示される点がトクホとは違う点だ。

 簡単にいうと、機能性表示食品はトクホに似ているが「トクホよりも手続きが簡易で、いろいろな表示ができる。しかし、国の審査を経たわけではない食品」といえる。

「体にいい」といわれる食品の比較
どんな食品か国の関与と表示想定している購入者
いわゆる健康食品法律上の定義はなく、健康の維持増進が期待できるとうたって販売されている食品国は関与していない。機能性の表示はできない特になし
栄養機能食品既に科学的根拠が認められている成分(ビタミン13種、ミネラル6種、n-3系脂肪酸)を含む食品基準量が含まれていれば、国(消費者庁)への申請や届け出をしなくても表示できる高齢化や食生活の乱れなどで、1日に必要な栄養成分をとれない人
特定保健用食品(トクホ)健康の維持増進(整腸、コレステロール調整、血圧調整、血糖調整、中性脂肪・体脂肪上昇抑制、骨の健康維持など)に役立つ特定の成分を含む食品。成分の例:オリゴ糖、ビフィズス菌、キシリトール、グァバ葉ポリフェノールなど企業は臨床試験を行い、有効性や安全性を国(消費者庁)に示し、審査を通れば機能性の表示が許可される原則健康な人(病気にかかる前の人、もしくは境界領域の人)
機能性表示食品健康の維持増進や美容効果が期待できる成分を含むもの(ただし食事摂取基準(*1)に定められた栄養素を除く)企業は臨床試験を行うか研究レビューで有効性や安全性を示し、国(消費者庁)へ届け出れば表示できる。審査はない原則健康な人(病気にかかる前の人、もしくは境界領域の人)
*1 厚生労働省が定めたエネルギーと各栄養素の摂取量の基準。健康の維持・増進、生活習慣病の予防、摂取の過不足による健康障害の予防を目的とする。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.