日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > 小椋久美子さんが3つの悩みにズバリ回答!

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

小椋久美子さんが3つの悩みにズバリ回答!

最終回 グリップ、ロブ、スマッシュの悩みと疑問を解決

この連載ではこれまで、いろいろなショットの打ち方や上達するための練習法などをご紹介してきました。一つひとつ、着実にマスターしていただけましたか?
最終回となる今回は、少し趣向を変えて、一般的に"ありがちな"悩みをピックアップし、それぞれの解決法をレクチャーします。基本の見直しも含めて、要点をチェックしてください。

※右利きを想定した解説です。

お悩み相談(1)

Q.「グリップの握り替えがスムーズにできません」
A.「まずは握り方を再確認しましょう」

Check1 握る強さ

 握り替えがスムーズにできない一番の原因は、グリップを強く握りすぎてしまうこと。指と指の間に隙間がないくらい強く握ると、指先を動かすのにも手間どってしまい、うまく握り替えができません。イースタングリップのときは、親指と人差し指でグリップをつまむように持ち、グリップとの間に空間ができるようにしましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

Check2 グリップの種類

 バドミントンではラリー中にフォアハンド、バックハンドの握り替えを何度も行ないます。守備ではバックハンド、攻撃ではフォアハンドを使うことが多いですが、グリップをイースタンで握っておくと、バックハンドへの握り替えがスムーズになります。

[画像のクリックで拡大表示]

Check3 バックハンドの持ち方

 ウエスタンでバックハンドの握りをすると、手首を巻き込んでしまうためスイングしにくく、コントロールもうまくできません。レシーブが苦手な人の握り方を見るとウエスタン気味の場合が多いので、なるべくイースタンの握りで持つことを心がけてください。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
グリップチェンジができないときの対応策も考える

 レシーブやドライブをうまく打つためにはグリップチェンジが大事ですが、手だけに頼らずに体を使って打つ意識も大切。

 とくにダブルスはラリーが速いので、グリップチェンジが間に合わないケースもよくあります。そのことを想定し、体を切り返してスイングしやすいスペースをつくったり、握り替えをしないまま打つなど、対応策も考えながら練習しておくとよいでしょう。

次ページ
お悩み相談(2)

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.