日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > 小椋久美子さんが3つの悩みにズバリ回答!  > 3ページ目
印刷

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

小椋久美子さんが3つの悩みにズバリ回答!

最終回 グリップ、ロブ、スマッシュの悩みと疑問を解決

お悩み相談(3)

Q.「スマッシュの角度がつきません」
A.「打点に注意し、手首を返して打ちましょう」

Check1 打点の確認

 角度をつけようと高い打点を意識しすぎて、頭の真上でシャトルをとらえていませんか? スマッシュの打点はクリアーと異なり、腕を伸ばした一番高い位置ではなく、それよりも前方の顔の前あたり。まずは、打点が高すぎないかをチェックすることが大切です。

[画像のクリックで拡大表示]

Check2 体を使ったスイング

 ○の写真(下・左側)のように半身の構えをとり、腹筋に力を入れながら体を前に倒していくと、角度のついたスマッシュが打ちやすくなります。しかし、×の写真(下・右側)のように体を前後に動かしただけ(腹筋を使わずに上半身を折るような動き)では体が前に出ず、角度はつきません。体全体を使って前に出るスイングを身につけましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

Check3 打球後の着地

[画像のクリックで拡大表示]

 体が前に出ない人に多いのが、スマッシュを打った後に右足が横に開いてしまうこと。両足が揃わないように、入れ替えて打つことを心がけてください。


Off Court Column
本当にうれしく、楽しかった『小椋久美子杯』

 少し前の話になりますが、8月30~31日に私の地元・三重県で『小椋久美子杯』を開催しました。自分の名前が大会名になるのは少し恥ずかしいですが、600人以上の小・中学生が参加。多くの方々のご協力を得て、無事に終えることができました。

 この大会は三重県のスポーツ強化の一環であり、また、同県のスポーツをもっとPRしようという目的でスタート。故郷出身のスポーツ選手として私も力になればと思いましたが、私と会って頑張ろうと思ってくれた子どもたちも多くいたようで、それがすごくうれしかったですね。第一線を離れてから時間は経ちましたが、まだ目標とされる存在であることにも驚きました。

 大会では小さい子どもたちのプレーを見て「みんな、うまいな~」と感心しきり。私が小学生のころに比べて、みんなうまいですよね。負けて悔し泣きしている子がいたり、私が試合を観戦していると張りきってプレーする子がいたりと、いろいろな場面を見られて本当に楽しかったです。

 全力でプレーする姿からエネルギーをもらいましたし、一生懸命に頑張る姿が輝いていることにあらためて気づけたことも、貴重な経験になりました。

(写真:BBM、取材・文:佐々木和紀、協力:三上亜希[旧姓・赤尾])

小椋久美子(おぐら くみこ)さん
小椋久美子(おぐら くみこ)さん バドミントン元五輪代表。スポーツインストラクター。四天王寺高を卒業後、三洋電機に入社し、02年全日本総合シングルス優勝。その後は潮田玲子とのペアで全日本総合5連覇、07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪8強などの好成績を残した。10年に現役を引退。現在はジュニアを中心としたバドミントンの普及活動を行なっている。
>> 小椋久美子オフィシャルサイト
本レッスンが1冊になって好評発売中!
『B.B.MOOK1198 バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』
B5判・108ページ、1148円+税 発行/ベースボール・マガジン社

 日経Goodayのサイトでご紹介している「小椋久美子の基本レッスン」が、1冊のMOOK『バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』になって好評発売中です。

 サイトでご紹介している基本レッスンに加え、「シングルスの攻撃」「ダブルスの守備」といった実戦的なテーマについても、そのポイントや練習法を詳しく取り上げています。

 さらに、「心」や「体」にもスポットを当てたコーナーを新たに設けるなど、内容もボリュームアップ。全国の書店、またはベースボール・マガジン社サイトでお買いお求めください。

こちらからでもご購入いただけます
ベースボール・マガジン社 商品検索&販売サイト


この記事は、ベースボール・マガジン社「バドミントン・マガジン」からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.