日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ラウンド・ザ・ヘッドの基本レッスン  > 3ページ目
印刷

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ラウンド・ザ・ヘッドの基本レッスン

第13回 スイングと同時に腹筋や背筋の力を使って前に出るように

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

レベルアップ練習

 ラウンド側に追い込まれた体勢で攻撃するのは難しいですが、ある程度コースが予測できたり、体勢が十分であれば跳びついて仕掛けることも可能。守備の意識だけではなく、ラウンドから攻撃する意識も持ちましょう。

Case: クリアーの質によって ラウンドの入り方を考える

ケース・バイ・ケース 「低いロブやドリブンクリアーに跳びつく」

 ドリブンクリアーやおっつけ(アタックロブ)など、低くて速い球筋の場合は、カウンターをねらえるチャンスです。ラケットを伸ばして手が届くギリギリの高さであれば、思いきってジャンプして跳びついてみましょう。速いタッチで返球すれば、相手の体勢が整う前に攻撃できるため、ミスを誘うことができます。注意したいのは、打った後に体が流れてしまうので、次の反応が遅くなってしまうことです。簡単にレシーブされると苦しい状況になるので、相手の体勢や球筋を見ながら攻撃の判断をしてください。

[画像のクリックで拡大表示]
Off Court Column
指導者の本気度

 小学校から社会人になるまで、私は多くの指導者に出会いました。小・中学校ではバドミント ンの楽しさを教わり、高校では練習の厳しさや勝つことへのこだわりを学びました。

 とくに高校は指導者の方が「優勝しなければ意味がない」という考え方で、小・中時代とはまったく逆でした。それまでの私は自分の限界を決めてしまう性格だったので、高校に入って新たな世界への扉を開けられたと思いますし、それが大人になって生きてきたかな…とも思います。

 指導者によって教え方も考え方もさまざまですが、よい指導者に共通するのは、みんな「本気」だということ。たとえば高校の指導者でも、未経験者だけど練習に毎日に来る顧問の言葉と、経 験者なのに普段の練習に来ないで、試合のときにガミガミいう人の言葉では、まったく重みが違いますよね。中・高生になると、指導者のそういった気持ちを読み取りますし、それによってモチベーションも大きく変わってきます。

 指導者として技術や経験も大事ですが、まずは子どもたちに対して本気で応援する気持ちを持ってほしいですね。

(写真:BBM、取材・文:佐々木和紀、協力:三上亜希[旧姓・赤尾])

小椋久美子(おぐら くみこ)さん
小椋久美子(おぐら くみこ)さん バドミントン元五輪代表。スポーツインストラクター。四天王寺高を卒業後、三洋電機に入社し、02年全日本総合シングルス優勝。その後は潮田玲子とのペアで全日本総合5連覇、07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪8強などの好成績を残した。10年に現役を引退。現在はジュニアを中心としたバドミントンの普及活動を行なっている。
>> 小椋久美子オフィシャルサイト
本レッスンが1冊になって好評発売中!
『B.B.MOOK1198 バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』
B5判・108ページ、1148円+税 発行/ベースボール・マガジン社

 日経Goodayのサイトでご紹介している「小椋久美子の基本レッスン」が、1冊のMOOK『バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』になって好評発売中です。

 サイトでご紹介している基本レッスンに加え、「シングルスの攻撃」「ダブルスの守備」といった実戦的なテーマについても、そのポイントや練習法を詳しく取り上げています。

 さらに、「心」や「体」にもスポットを当てたコーナーを新たに設けるなど、内容もボリュームアップ。全国の書店、またはベースボール・マガジン社サイトでお買いお求めください。

こちらからでもご購入いただけます
ベースボール・マガジン社 商品検索&販売サイト


この記事は、ベースボール・マガジン社「バドミントン・マガジン」からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.