日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ハイバックの基本レッスン  > 4ページ
印刷

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ハイバックの基本レッスン

第11回 リストを立ててラケット面にシャトルを「パチッ」と当てる

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

Off Court Column
夏はコンディション調整も大事なポイント
四天王寺高時代の小椋 選手。インターハイでは 高校2年時にダブルスで 準優勝

 高校生にとって最大の目標であるインターハイが始まります。出場する選手のなかには、最後の大会になる人もいると思います。悔いを残さないように、精いっぱい頑張ってください。

 インターハイと聞いて思い出すのは、やはり過酷な夏の暑さです。私が高校生のころは救急車が何度も会場に来るくらい、熱中症や脱水症状などになる選手がたくさんいました。私も当時は水分を摂るタイミングや量がわからず、スポーツドリンクを飲みすぎてお腹を下したり、逆に我慢しすぎて脱水症状になったりと、苦労しました。

 夏はコンディション調整も勝つうえで大事なポイントですから、水分補給だけではなく、バナナや栄養補助食品など固形物をうまくエネルギーに変える摂取タイミングなども覚えておくといいでしょう。

 また、汗をかきやすい私にとっては、塩も大切なアイテムでした。塩分と合わせて、集中力を持続させる糖分(チョコレートなど)を摂り、ベストコンディションで試合に臨んでください!

(写真:BBM、取材・文:佐々木和紀、協力:三上亜希[旧姓・赤尾])

小椋久美子(おぐら くみこ)さん
小椋久美子(おぐら くみこ)さん バドミントン元五輪代表。スポーツインストラクター。四天王寺高を卒業後、三洋電機に入社し、02年全日本総合シングルス優勝。その後は潮田玲子とのペアで全日本総合5連覇、07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪8強などの好成績を残した。10年に現役を引退。現在はジュニアを中心としたバドミントンの普及活動を行なっている。
>> 小椋久美子オフィシャルサイト
本レッスンが1冊になって好評発売中!
『B.B.MOOK1198 バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』
B5判・108ページ、1148円+税 発行/ベースボール・マガジン社

 日経Goodayのサイトでご紹介している「小椋久美子の基本レッスン」が、1冊のMOOK『バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』になって好評発売中です。

 サイトでご紹介している基本レッスンに加え、「シングルスの攻撃」「ダブルスの守備」といった実戦的なテーマについても、そのポイントや練習法を詳しく取り上げています。

 さらに、「心」や「体」にもスポットを当てたコーナーを新たに設けるなど、内容もボリュームアップ。全国の書店、またはベースボール・マガジン社サイトでお買いお求めください。

こちらからでもご購入いただけます
ベースボール・マガジン社 商品検索&販売サイト


この記事は、ベースボール・マガジン社「バドミントン・マガジン」からの転載です。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.