日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ハイバックの基本レッスン  > 3ページ
印刷

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ハイバックの基本レッスン

第11回 リストを立ててラケット面にシャトルを「パチッ」と当てる

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

レベルアップ練習

 ハイバックのクリアーは中・上級者にとっても簡単ではありませんが、誰もが試合で使うショットです。きっちりと打ち返せるように普段の練習からチャレンジしてみましょう。

Case: さまざまな状況を想定してハイバックを打つ

練習方法

 練習者はノッカーが出したバック奥へのノック球に対し、早い動き出しから高い打点で打ったり、動き出すタイミングをあえて遅らせて追い込まれた状況をつくるなど、さまざまな状況を想定してハイバックを打つ。

[画像のクリックで拡大表示]
ケース・バイ・ケース
 「積極的にクリアーを打ち、飛距離を伸ばすコツをつかむ」

 ハイバックのフォームが固まってきたら、実戦を意識しながら体を動かして打ちましょう。

 クリアーを打つ場合はコートの奥まで返すのが理想ですが、腕力のある男性ならともかく、女性やジュニアはなかなか飛距離が出ません。だからといって、簡単にドロップやカットを打ってしまうと、相手に読まれてネット前で叩かれてしまいます。

 コート奥までクリアーを打つのは難しくても、コートの半分であれば返球できるという人もいるはず。「飛ばないから打たない」のではなく、反復練習やゲーム練習などで積極的にクリアーを打ちながら飛距離を伸ばすコツをつかんでいきましょう。

 試合中にハイバックのクリアーがコートの半分以上を越えれば、対戦相手は「この人はハイバ ックからでもクリアーを打ってくる」と思い、クリアーを警戒してネット前に出にくくなるはずです。

次ページ
Off Court Column

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.