日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > バックハンドサービスの基本レッスン  > 3ページ目

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

バックハンドサービスの基本レッスン

第10回 ヒジから先は動かさないように意識しながら打つ

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

レベルアップ練習

 サービスはあくまでもラリーの第一打であり、決め球ではありません。サービスの質によって次のプレーが「攻撃」または「守備」に変わるので、3球目以降のプレーを考えて練習に取り組みましょう。

Case: サービスの質によって3球目の対応を考える

練習方法

 ダブルスの試合と同じように2組がコートに入り、サービスからラリーを行なう。
(1)サービス(サーバー:サービスの質によって次の準備をする)
(2)サービスレシーブ(レシーバー:攻撃するか、ネット前に切るかの判断)
(3)3球目の対応(前衛が打つのか、後衛が打つのか)
までを意識し、それ以降はフリー練習にしたり、途中でラリーを切って再びサービスから始めたりする。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ケース・バイ・ケース: サービスの質がよかった場合

 サービスがネットを越える前に、サーバーは相手の構えやラケット面を確認します。ネットよりラケット面が下から振られるようであれば、サーバーはネット付近に打たれることを予測して構えることが必要です。

 ラケットが下がってしまうと、反応が遅れて次のチャンスにつなげられないので、素早くラケットを上げて次の準備をしておきましょう。

ケース・バイ・ケース: サービスの質が悪かった場合

 サービスが浮いてしまったら、守備に切り替えて待つしかありません。打った後に棒立ちになる人もいますが、それでは相手は攻撃しやすく、ペアの後衛はレシーブしにくくなります。浮いたときこそ、より素早く構え、レシーバーの体の向きやラケット面を見るように心がけましょう。

 後衛がレシーブしやすいように立ち位置を変えたり、ネット前や後衛との間に落とされるハーフ球などを意識して待ちましょう。後衛がレシーブした場合も、次のプレーを考えて動くことを忘れないてください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.