日経グッデイ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

バックハンドの基本レッスン

第9回 相手の打つ体勢によって構え方を変える

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

一般的に、苦手意識を持つ人が少なくないバックハンド。 しかし、打ち方を一度マスターすればフォアよりも安定し、ミスがグッと減るのも事実です。バドミントンでは、とくにバックで打つケースが多いので、しっかり身につけましょう!

基本をチェック! バックハンドの範囲を確認

 バックハンドはさまざまな場面で使うため、バックハンドで打つことができるおおよその範囲を確認しておきましょう。また、相手の打つ体勢によって構え方を変えることも覚えてください。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
苦手意識を持たず、積極的に使う

 バックハンドはフォアハンドに比べて広い範囲をカバーできます。レシーブやドライブではバックハンドの対応が多くなるため早い段階で覚えてほしいのですが、「飛ばない」「むずかしい」といってフォアに頼りすぎる人もいます。

 確かにフォアはパワーも伝わりやすいのですが、大振りしたり、体がブレたりして次の動作が遅くなることもあるので、性別や年齢を問わずバックハンドは大事な技術としてマスターしましょう。

 遠くに飛ばす意識が強すぎるとスイングが大きくなり、安定してタイミングをとることができません。最初はリズムを重視しながらラケット面を合わせ、当たるようになったら少しずつ力を加えていきましょう。

おすすめ練習メニュー

 バックハンドはフォアハンドに比べて可動域が小さいため、スイングが安定しやすくなります。フォームを固めたうえで、バックハンドのレシーブやドライブのタイミングをつかみましょう。

Practice 1: スマッシュレシーブ

練習方法

 練習者はコート半面(または全面)を使い、自分よりレベルの高いパートナーにスマッシュを打ってもらい、バックハンドを中心にレシーブ。最初はラケット面に当てて返球することを心がけ、インパクトの感覚や自分が打ちやすい場所を見つける。スピードに慣れてきたらテークバックをとり、コートの後方まで大きく返球する。

MEMO
  • 最初は速い球に対するタイミングのとり方を覚える。
  • インパクトの瞬間にグリップをしっかり握る。
  • 体の前でシャトルをとらえる。自分が打ちやすい場所を探す。
[画像のクリックで拡大表示]

Practice 2: スイング強化の手投げノック

練習方法

 練習者はパートナーが近くから投げてくるノック球を、止まった状態から素早いスイングで連続して打ち返す。

MEMO
  • 同じテンポでリズムよく打ち返す。
  • 打った後は素早く次の体勢をつくる(スイングはコンパクトに)。
  • ノッカーは、連続で打ちやすいように球を出す。
[画像のクリックで拡大表示]

レベルアップ練習

 バックハンドを多用するダブルスでは、相手の速い攻撃を利用して、バックハンドのカウンター攻撃をすることができます。難易度が高い戦術練習ですが、得点に直結するのでぜひ取り組みましょう。

Case: バックハンドのクロスレシーブで カウンター攻撃をねらう

練習方法

 ダブルスのレシーブ&カウンター練習。

 練習するペアはサイド・バイ・サイドの位置に立ち、フォア奥からセンターに打たれたスマッシュをレシーブ。フォア奥から遠いサイドの選手がクロスに切り返して、相手を崩していく。

[画像のクリックで拡大表示]


 フォア奥から打つ選手(C)に対して、レシーブ側のAとBは、Cを頂点とした二等辺三角形の位置に立つ。Cが打つセンターへのスマッシュを、Aがバックハンドでレシーブ。そこからフリーでラリーを続けていく。


ケース・バイ・ケース 1

 相手のフォア奥からの攻撃を想定した練習です。攻撃する選手がセンターに打ってきたスマッシュを、遠いサイドのレシーバーが前に出ながらクロスへ返球。このとき、レシーバーはスマッシュを打つ選手を頂点とした二等辺三角形のポジションを意識して構えてください。スピーディーにシャトルをさばくことで、カウンター攻撃の効果が高まります。

[画像のクリックで拡大表示]
ケース・バイ・ケース 2

 クロスレシーブではラケット面をフラット(シャトルに対して直角)に当てず、グリップを少しずらした状態で当てます。大きくスイングするとタイミングがズレるので、コンパクトに振り抜くことを意識してください。ただし、最初からグリップを変えると相手に読まれるので要注意。また、決め球として考えるのではなく、あくまでも相手を崩す、攻撃の幅を広げるという考え方で使いましょう。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Off Court Column
苦手な練習に対する取り組み方

 苦手な練習や、つらい練習というのは、私が現役時代のときもありました。でも、レベルアップするためには目をそむけてはいけないので、結局やらなければなりません。私は苦手な練習に取り組むときは、自分なりに変化を見つけるようにしました。

 たとえば、苦手なコースは何度も反復練習すれば打ち方のコツがわかり、球筋が見えてフットワークも速くなります。何度も何度も打ち込んだり、動いたりすることでラケット面に当たるようになり、安定した返球ができるようになります。

 さらに続けていくと、どこかで「コートが狭く感じられてシャトルが捕れる」とか「いつもより動きやすい」などの感覚が生まれてきます。この感覚をどう考えるか…ということが次のステップへの第一歩。毎日コートが狭く感じられるわけではないので、「あの感覚をもう一度体験したい」「いまの状態を落としたくない」と思うようになれば、おのずと苦手な練習も目標達成への大事な練習とプラスに考えられます。

 プラス思考になるまで根気強く反復練習をすることになりますが、小さな成長を自分で楽しみながら長い目で取り組んでみてはいかがでしょうか。

(写真:BBM、取材・文:佐々木和紀、協力:三上亜希[旧姓・赤尾])

小椋久美子(おぐら くみこ)さん
小椋久美子(おぐら くみこ)さん バドミントン元五輪代表。スポーツインストラクター。四天王寺高を卒業後、三洋電機に入社し、02年全日本総合シングルス優勝。その後は潮田玲子とのペアで全日本総合5連覇、07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪8強などの好成績を残した。10年に現役を引退。現在はジュニアを中心としたバドミントンの普及活動を行なっている。
本レッスンが1冊になって好評発売中!
『B.B.MOOK1198 バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』
B5判・108ページ、1148円+税 発行/ベースボール・マガジン社

 日経Goodayのサイトでご紹介している「小椋久美子の基本レッスン」が、1冊のMOOK『バドミントン 小椋久美子のレベルアップNAVI』になって好評発売中です。

 サイトでご紹介している基本レッスンに加え、「シングルスの攻撃」「ダブルスの守備」といった実戦的なテーマについても、そのポイントや練習法を詳しく取り上げています。

 さらに、「心」や「体」にもスポットを当てたコーナーを新たに設けるなど、内容もボリュームアップ。全国の書店、またはベースボール・マガジン社サイトでお買いお求めください。

こちらからでもご購入いただけます
ベースボール・マガジン社 商品検索&販売サイト


この記事は、ベースボール・マガジン社「バドミントン・マガジン」からの転載です。