日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > バックハンドの基本レッスン

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

バックハンドの基本レッスン

第9回 相手の打つ体勢によって構え方を変える

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

一般的に、苦手意識を持つ人が少なくないバックハンド。 しかし、打ち方を一度マスターすればフォアよりも安定し、ミスがグッと減るのも事実です。バドミントンでは、とくにバックで打つケースが多いので、しっかり身につけましょう!

基本をチェック! バックハンドの範囲を確認

 バックハンドはさまざまな場面で使うため、バックハンドで打つことができるおおよその範囲を確認しておきましょう。また、相手の打つ体勢によって構え方を変えることも覚えてください。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
苦手意識を持たず、積極的に使う

 バックハンドはフォアハンドに比べて広い範囲をカバーできます。レシーブやドライブではバックハンドの対応が多くなるため早い段階で覚えてほしいのですが、「飛ばない」「むずかしい」といってフォアに頼りすぎる人もいます。

 確かにフォアはパワーも伝わりやすいのですが、大振りしたり、体がブレたりして次の動作が遅くなることもあるので、性別や年齢を問わずバックハンドは大事な技術としてマスターしましょう。

 遠くに飛ばす意識が強すぎるとスイングが大きくなり、安定してタイミングをとることができません。最初はリズムを重視しながらラケット面を合わせ、当たるようになったら少しずつ力を加えていきましょう。

1/4 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.