日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ロブの基本レッスン  > 2ページ目

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ロブの基本レッスン

第8回 体の前でシャトルをとらえ、ヒジから手首までのしなりを使う

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

おすすめ練習メニュー

 基本的な踏み込みやスイングをしっかり覚え、体がブレないようにロブを打ちましょう!

Practice 1: 左右のロブ練習

練習方法

 センターから左右へ足を運んでロブを打つ練習。コート中央から手投げされたノック球を、フォームやスイングを意識しながら、さまざまな方向に打ち分ける。

MEMO
  • 体が流れたまま打つのではなく、しっかり体を止めた状態でロブを打つ。
  • 打った後はその場にとどまらず、シャトルの方向を見ながらセンターに戻る。
[画像のクリックで拡大表示]

Practice 2: ネット際でのロブ練習

練習方法

 ネット際の球に対して、しっかりラケットを振ってロブで打ち返す練習。手投げされた球をネットにかけないように、コート奥まで高く返球する。

MEMO
  • 重心を低くしてシャトルの下に入り、体全体で持ち上げるようにスイングする。
  • ラケットはネットと平行になるように、真上に打つ。
  • シャトルがネットの白帯ギリギリを通過するようにロブを打つ。
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.