日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > スマッシュの基本レッスン

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

スマッシュの基本レッスン

第6回 力強さを生み出す“タメ”をつくることが大切。

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

もっとも決定力の高いショットであるスマッシュ。シャトルの特性を考えると、その1本で必ず決まるとはいえませんが、効果的に打てば相手を劣勢に追いやり、甘い返球を誘って次に得点できる確率が上がります。今回は、そのための基本ポイントを紹介しましょう!

基本をチェック! “タメ”をつくり体重移動をしながらスイング

正面から

 基本的なフォームは前回紹介したクリアー(関連記事:「クリアーの基本レッスン」)と同じです。クリアー、カット、スマッシュのオーバーヘッドストロークは同じフォームから打つのが理想ですから、打つ瞬間まで相手に“どのショットを打つのか”を悟られないようにしましょう。力みすぎると、パワーがうまくシャトルに伝わりません。体もブレて、ミスにつながります。一度に肩、ヒジ、手首に力を込めるのではなく、『肩→ヒジ→手首』の順に力を連動させ、インパクト時に最大限の力を出せ るようにスイングしてください。

[画像のクリックで拡大表示]

横から

 スマッシュの打点は頭・体の前です。クリアーは天井方向に向かって高く、遠くへ打ちますが、スマッシュは高い打点からコートに向かって打つため、角度をつけるために頭・体の前でシャトルをとらえることが大事。また、体重移動がスマッシュの精度アップにつながるので、打つ前に軸足で“タメ”をしっかりつくり、スイングの勢いと地面からの反動を使って体ごとラケットを前へ出すようにスイングしましょう。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》 “タメ”をつくるときは体がブレないように
ヒザを軽く曲げて安定させる

 スマッシュの力強さを生み出すには“タメ”がとても大切。シャトルを打つ前は軸足(右利きの場合は右足)に体重を乗せ、スイングと同時に逆足へ体重移動をさせていきます。

 “タメ”をつくるときは体がブレないように、ヒザを軽く曲げて安定させること。深く曲げすぎると重心が後ろにかかりすぎて、パワーをうまく発揮できません。

 また、“タメ”をつくる際も、前に出る意識を忘れないこと。頭を後ろに下げすぎないように注意してください。

1/4 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.