日経グッデイ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

プッシュ&レシーブの基本レッスン

第4回 「リズム」と「重心のコントロール」を意識する

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

前回はドライブの基本ポイントやオススメの練習法をご紹介しましたが、しっかりと理解していただけましたか? 実戦でミスなく正確に打つためには、やはり日頃の練習で数多く打って感覚をつかむことが大切です。引き続き今回はプッシュ&レシーブをテーマにレッスンをお届けしましょう!

基本のチェックでプッシュ&レシーブをミスなく打つポイントをつかもう!

プッシュ

 プッシュを打つときは大振りにならないように、コンパクトなスイングを心がけましょう。とくにヒジを後ろに引き過ぎると、タイミングがとれずに打ち損じてしまったり、角度がつかなくなってしまいます。ヒジを引いて大きくテークバックをとるのではなく、手首をコンパクトに引いてタイミングをはかり、ラケットを後ろから押し出すように打ってください。

[画像のクリックで拡大表示]

レシーブ

 レシーブは、おもにバックハンドで返球することが多いので、自分でバックハンドを打つ範囲を決めておき、いつでも体の前で打てる準備をしましょう。また、体の近くで打ってしまうと、強いレシーブが打てません。小さくてもかまわないのでテークバックをとり、コンパクトに振り抜いてください。自分の打ちやすいポイントを早めにつかんでおくだけでもコントロールしやすくなります。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
つま先に重心を乗せ、素早く動き出せる準備を!

 プッシュとレシーブに共通するのは、リズムをしっかりとって待つということ。カカトを地面につけたベタ足では動き出しが遅くなってしまいます。つま先に重心を乗せて、いつでも素早く動き出せる準備をしておきましょう。

 またプッシュを打つときは、低く速いレシーブへの対応が難しいと思います。体を前に出して速いタッチで沈めるのが理想ですが、決め急ぐとミスにつながってしまいがち。そんなときは体の重心を下げて、打点をなるべく頭の上にとってヒットしてください。

おすすめ練習メニュー

 試合に生かせる基本ポイントをマスターしよう!

Practice 1: プッシュ&レシーブ

練習方法

 レシーバーに対してプッシュを打つ人がクロスの位置に立つ。レシーバーの位置を見ながらフォア、バック、ボディに向かってプッシュを打つ。応用としてプッシュ側に2人を配置し、レシーバーは左右に打ち分ける。

MEMO
  •  レシーバーは、プッシュを打つ人に向かって体をしっかり向ける。とくにクロスの球をレシーブするときは、その意識を強く持つ。
  •  プッシュを打つ人は、レシーバーが足を出して取れる範囲までをねらう。とくにセンターのコースは攻撃側も守備側も大事なポイントなので、お互いにミスをしないようにする。
[画像のクリックで拡大表示]

Practice 2: 手投げノックのレシーブ練習

練習方法

 ノッカーはレシーバーに対して速いテンポで左右、ボディ、ヒザ、肩口などに高低差をつけながらシャトルを投げる。

MEMO
  • レシーバーはグリップの握り替え(フォア・バック)を意識する。
  • 体を後ろに引かず、シャトルを迎えにいくように前に出ながらレシーブ。
  • レシーバーはリズムを大切にして鋭いスイングを心がける。
[画像のクリックで拡大表示]

レベルアップ練習

 プッシュを一発で決めようとすると、レシーブされたときにうまく反応できずミスしてしまいます。プッシュ後の反応力を高める練習をしましょう。

Case: プッシュをレシーブされたときの対応

練習方法

 練習者はプッシュを打った後、ネット前に高く上がってきた球に対して素早く反応し、スマッシュを打つ。ノッカーは手投げやノックなどでシャトルを上げる(両サイド行なう)。

ケース・バイ・ケース 1

 対戦相手のレベルが上がると、プッシュが簡単に決まらなくなります。たとえ1度目のプッシュで決め切れなくても、次の球を確実に攻撃していくことが大事ですから、プッシュの後すぐに体勢を立て直すことを意識しましょう。その際に気をつけてほしいのは、打つ頭を下げないこと。そうなると、次に上がってきた球に対する反応が遅れてしまうので、胸を張ってプッシュを打ってください。

[画像のクリックで拡大表示]
ケース・バイ・ケース 2

 プッシュ後に体勢を立て直したら、上がってきたシャトルの下に素早く入りましょう。入りが遅れると手打ちになってしまい、強い球が打てません。体の正面でしっかり打つことを心がけましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

 ノッカーがネット前にシャトルを上げ、プッシュ後に甘い球を上げてスマッシュを打たせる。これを連続で繰り返し、逆サイドも行なう。

1:1ノックでのプッシュ練習
[画像のクリックで拡大表示]
Off Court Column 好きな海外選手との交流

 私が現役のころは、海外選手と仲よく話をするというのはあまりなかったです。試合に集中しているので当たり前といえば当たり前ですが、日本選手が他国の選手に積極的に話しかけるというのは少なかったですね。でも、大会を回っていくと何度も顔を合わせるようになるので、あいさつや簡単な話をするようになってきます。私の場合は、同じ時期に女子ダブルスで活躍していた韓国の李敬元(イ・キュンウォン)選手の人柄が好きで、大会で会えばよくあいさつをしましたし、会話をしたりしました。私があまり英語をしゃべれないので、簡単な単語を使いながらでしたが、それでも彼女と交流を持ててよかったなと思います。

 のちに聞いた話ですが、私が現役を引退して大会に出なくなったので、彼女が心配して私の様子を後輩にたずねてくれたそうです。一緒に食事をするとか、とくに仲よくしていたわけではありませんが、気にしてくれていたのはうれしいですし、いま一番会いたい選手ですね。ちなみに、韓国つながりの話ですが、当時の日本女子選手のなかで人気№1の海外選手は李龍大(イ・ヨンデ)選手でした。かっこよくて、バドミントンもうまい…ということで、みんなミーハーな気持ちで彼の姿を追っていましたよ(笑)。

(写真:BBM、取材・文:佐々木和紀)

小椋久美子(おぐら くみこ)さん
小椋久美子(おぐら くみこ)さん バドミントン元五輪代表。スポーツインストラクター。四天王寺高を卒業後、三洋電機に入社し、02年全日本総合シングルス優勝。その後は潮田玲子とのペアで全日本総合5連覇、07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪8強などの好成績を残した。10年に現役を引退。現在はジュニアを中心としたバドミントンの普及活動を行なっている。
この記事は、ベースボール・マガジン社「バドミントン・マガジン」からの転載です。