日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > プッシュ&レシーブの基本レッスン  > 5ページ目

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

プッシュ&レシーブの基本レッスン

第4回 「リズム」と「重心のコントロール」を意識する

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

Off Court Column 好きな海外選手との交流

 私が現役のころは、海外選手と仲よく話をするというのはあまりなかったです。試合に集中しているので当たり前といえば当たり前ですが、日本選手が他国の選手に積極的に話しかけるというのは少なかったですね。でも、大会を回っていくと何度も顔を合わせるようになるので、あいさつや簡単な話をするようになってきます。私の場合は、同じ時期に女子ダブルスで活躍していた韓国の李敬元(イ・キュンウォン)選手の人柄が好きで、大会で会えばよくあいさつをしましたし、会話をしたりしました。私があまり英語をしゃべれないので、簡単な単語を使いながらでしたが、それでも彼女と交流を持ててよかったなと思います。

 のちに聞いた話ですが、私が現役を引退して大会に出なくなったので、彼女が心配して私の様子を後輩にたずねてくれたそうです。一緒に食事をするとか、とくに仲よくしていたわけではありませんが、気にしてくれていたのはうれしいですし、いま一番会いたい選手ですね。ちなみに、韓国つながりの話ですが、当時の日本女子選手のなかで人気№1の海外選手は李龍大(イ・ヨンデ)選手でした。かっこよくて、バドミントンもうまい…ということで、みんなミーハーな気持ちで彼の姿を追っていましたよ(笑)。

(写真:BBM、取材・文:佐々木和紀)

小椋久美子(おぐら くみこ)さん
小椋久美子(おぐら くみこ)さん バドミントン元五輪代表。スポーツインストラクター。四天王寺高を卒業後、三洋電機に入社し、02年全日本総合シングルス優勝。その後は潮田玲子とのペアで全日本総合5連覇、07年世界選手権銅メダル、08年北京五輪8強などの好成績を残した。10年に現役を引退。現在はジュニアを中心としたバドミントンの普及活動を行なっている。
この記事は、ベースボール・マガジン社「バドミントン・マガジン」からの転載です。

先頭へ

前へ

5/5 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.