日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ドロップ&カットの基本レッスン  > 2ページ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ドロップ&カットの基本レッスン

第2回 効果的に決めるための「ラリーでのスピード」の考え方

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

おすすめ練習メニュー

 試合でドロップとカットを有効打にするための基本練習を紹介!

Practice 1: 動きながらドロップ&カット

練習方法

 ホームポジションからフォア側、ラウンド側に動いてドロップ&カットを打ち、ふたたび ホームに戻る。コースはストレートとクロスの2点をねらう。

MEMO
  • フットワークが入ると体がブレてしまうので、体が崩れないように体幹を意識して各ショットを打つ。
  • 最初は体の安定を重視してストローク。入るようになったらコントロールを重視する。
[画像のクリックで拡大表示]
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.